S幼稚園音楽鑑賞

T市が制作している子供の芸術家派遣支援の冊子をご覧になって
S幼稚園から依頼を受けました。
今回は、フルート、ヴァイオリン、ハープの三重奏。
園児向けの曲目を準備しました。
本番当日。
簡単なリハを終え、スタンバイ。
お話し付きのコンサートで、園児さんは椅子に座っての鑑賞。

びっくりしたのが、全員マスク着用。


そっかー。インフルエンザ猛威をふるうこの季節。
園児さんは、行儀よく鑑賞してくれました。
が。
私のサービス精神が裏目にでたのが、曲数。

楽器の説明や曲の説明に時間がかかり、最後は駆け足で演奏。

ゆとりも大事だなあと痛感した本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2015-01-21 15:16