A・フィガロ とびいり参加

2日前、A・フィガロのHさんから



「23日の13時から14時半頃ちゃ、ヒマけ??」



と電話がありました。

23日は、3時からレッスンの予定だったので



「大丈夫だけど・・・???」



Hさんは、婦中町の小学生の金管クラブ「婦中っ子バンド」の指導をされてます。
ご自身では、木管5重奏「A・フィガロ」もやっています。
フィガロとは、年に数回本番、ご一緒させてもらっています。


23日に婦中っ子バンドとA・フィガロが
うちの近所の地区センターで本番とのこと。


時間も空いてるので、OKしましたが
当日は


合わせなし。
ぶっつけ本番。



A・フィガロとは、おなじみの曲だから、いいものの。
婦中っ子バンドとやる譜面は、本番10分前に渡され・・・。


当然、ハープパートはなく、グロッケン(打楽器)の譜面を弾くことに。




本番開始。



もう、目は楽譜に釘付け!!


知ってる曲~♪と
うっかりしてて、何度かさまよいました。



たった3曲で必死。


初見本番って体に悪いですー(泣)




前半の婦中っ子バンドが終わり、後半がA・フィガロの演奏。
その中の3曲とアンコールにのりました。



初見じゃないだけに、穏やかに終了!!




だけど、終わっって時計を見たら

14:45!!


きゃー、15時から音楽院でレッスン!!


なりふり構わず、すたこらさっさと大慌てで片付けて

猛ダッシュでレッスンに行ったのでした。
[PR]
by harpdiary | 2007-06-23 23:09