アトラクション演奏

今日は、結婚披露宴でのアトラクション演奏でした。

新郎さんが、近所の方で母と親しくしている間柄。
友人のカラオケ、出し物ではなく
ぜひ、ハープ演奏をということになり
演奏することになりました。


新郎さんが、クラシックがお好きということもあり、

マスネー  タイスの瞑想曲
メンデルスゾーン  歌の翼


をリクエストされました。
実は、この2曲、伴奏するのがほとんどで
ハープソロで演奏することは、あまりなく。

タイスはソロ譜をGETしたものの
歌の翼は、自分でアレンジしなきゃいけなく
ペダルと指使いに悩まされました。

結婚披露宴でのアトラクションは、何度も経験済みですが
新郎さんのアイディアで

テーブルごとにハープ演奏可能な曲(10ほど)のリストを
1枚配り,希望の曲に○をつけてもらい
回収し、一番○の多かった曲を演奏。


今までにない試みでした。
新郎に13曲出して、絞ってもらいました。
ちなみにリクエスト曲は

エルガー作曲      愛の挨拶
フォスター        夢路より
富山県民謡       越中おわら節&こきりこ節
BEGIN         涙そうそう
ハーライン       星に願いを 
新井満  千の風になって


に決定。当日を迎えました。

披露宴の中盤にリクエスト曲の紙が回収され
集計に。

結果は・・・

1. 星に願いを         15票
2. 涙そうそう          13票
3. 千の風になって        9票
4. 越中おわら節・こきりこ    8票
5. 愛の挨拶            7票
6. 夢路より             3票    


意外な結果。
千の風は、人気だけど、結婚式にはそぐわないと
考えた方が多かったのかなあ??

という訳で、「星に願いを」を演奏することに。
ハープの説明をいれながら、すすめました。

なんとか無事終了。

結婚披露宴の仕事って
私には何回もある仕事の一つなんだけど

新郎新婦にとっては
一回しかない披露宴なんだよね。
まさに一期一会

でも、結婚披露宴の仕事に関わらず
演奏の仕事は、常に一期一会なんだよね。
初心忘れるべからず(あれ?合ってるかな??)
を、改めて思い出した今日の本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2007-04-29 23:49

今日は、I中学校の創立60周年記念演奏会に
カレイドスコープで出演しました。
I町在住のYちゃんからの依頼でした。
Yちゃんの書いたブログはこちら↓↓↓
http://caleido3.exblog.jp/


I町は、Yちゃんからの依頼で何度か演奏に行ったことがあるのに
カーナビ(通称・バカナビ)をあてにしたのが
間違いだった・・・・。

カーナビは学校の正門ではなく、裏に案内するから
「学校はどこから入るのー????」
5分ほど、ぐるぐる回っていました(泣)

とても大きな体育館に、組まれていたステージの
高さが、すごく高くて
気分は、やぐら太鼓。

ちょっと笑えるこの状況で
音出ししてみたら、ものすごくフルートが聞こえなくて
急遽、ヴィオラとフルートの位置をチェンジ。
(いつもは真ん中がヴィオラだけど、今日はフルートでした)
チェンジしただけで、かなり聞こえやすくなり、ほっ。

衣装に着替え、本番になりました。

今日の進行はYちゃん。
卒業生としてのコメントをいれたり、とても上手なMCで
本番は進みましたが、
4月の体育館は、なんだかんだ言って、寒い!!

手が冷え切って、自分の手じゃないみたいになりながら
演奏していました。

I中学校の生徒さんは、とてもお行儀良く鑑賞してくれて
嬉しかったー。
アンコールに校歌を演奏して、無事終了しました。

先週に引き続いたカレイドスコープの本番は一段落。
ちょっと寂しいですが、いつかの本番まで楽しみです!
[PR]
by harpdiary | 2007-04-19 23:30


今日は、室内楽トリオ・カレイドスコープ

メンバーのヴィオラ・Sさんからのお仕事で
小矢部市にあるSさんのお宅でのホームコンサートでした。


Sさんが書いたブログ記事はこちら!!
http://caleido3.exblog.jp/

おうちで定期的にコンサートをなさっているようで
私たちが到着した頃には、リビングに椅子・テーブルの
セッティングがばっちり。吹き抜けのような作りで
2階からもお客様が聞けるようになったすてきな会場でした。


控え室として通された和室も素敵で、出されたお食事を
いただいてると、ここは料理旅館????
と、うっとりするようなおうち。
演奏する前から、旅行にきたような錯覚に陥りました。

演奏は、前半・後半45分づつのプログラムでお話付。
45分って結構長いから、曲数いるなーと
組んだ曲目が、多かった!!!


時計を見ながら、だんだんトークも演奏も早口になっていく!!!!
前半最後のカルメンは、5曲抜粋なんだけど、
テンポ感やリズムの変化に、ものすごく集中力を要する曲。

最後にYちゃんにすっとばされて、ついていくしかなかったんだけど
あまりの速さに笑いがこみあげたり
すごいじゃん私とか、思いながら本番やってました。はは。

前半なのにカルメン終わった頃には、へろへろ。
でもカルメン、楽譜作ってもらってから、あんまり演奏する機会が
なかったので、本当に良かったです。

チューニングした後、休憩に。
控え室で、前半の反省をひとしきりした後、後半の曲目へ。


後半は、ポピュラー中心。これも曲数多かったなあ。
なんか、マラソン耐久レース状態で演奏してました。

アンコールもいただき、終わったのが21時。
なんとか無事に完走しました!(本当に気分はマラソン)

本番終了後に、ケーキが!!やったー!
疲れそっちのけで、パクついていました。

いただいたお花と一緒に撮っちゃいました↓↓↓↓

d0105922_2340228.jpg



今日の反省。
プログラム組む時、曲数に気をつける


当たり前か。くすん。

でも、カレイドスコープの本番は、本当に楽しい!
来週は井波中学校だっ!

[PR]
by harpdiary | 2007-04-14 23:08 | クラシック 音楽


おとなり、石川県のIフィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に

出演しました。

ショスタコーヴィチ/交響曲第5番ニ短調 op.47


この曲を演奏するのは、3回目。

と、余裕かましていたのが、間違いだった・・・。

この前のTCフィル同様

待ちが長い

本当につらいです(>_<;)
あきらかに、弾く時間より、待ちが長い。

オーケストラのハープは
数えるのが仕事、待つのが仕事というけれど!!!


本当に本当に名曲で
この曲の、完璧な部品としての役割を果たさねば!
と、意気ごむのですが・・・。


待ちが長すぎて、だんだん遠のく意識・・。
いつのまにか、トリップしてたり。

集中力の持続・継続の難しさ。
ひたすら待つ。数える。


修行っす。


当たり前だけど、ショスタコーヴィチは
ハープの使い方上手。

特に1楽章の和音は、
曲全体の色の移り変わりを表してるような感じで、
何よりも無駄がない。
譜面は簡単なんだけど、
曲全体に与える役割は大きくて、打楽器みたい。

本当にペダル間違えたら、曲全体が台無しになっちゃう。
すごく怖い。



すごく、気を引き締めて本番に臨みました。




オケは本番弾き、本番吹きで
フォルテがいつも以上にすごい。

私は・・・待ちの間
「みんな楽しそうやなあ」

待ちがつらくて、楽しめる余裕がない私。





大きなミスはなかったから、ほっ。

オーケストラは与えられた役割を果たすので精一杯。
楽しめるようになりたいです。



本番後、指揮者のHさんと
お話していて、マラソン談義しました。
ホノルルにも行ったことあるそうで、
ひたすら、うらやましい!
今年はまだ一度も走っていない・・。
そろそろ始動しなきゃ。

今週末は、カレイドスコープ!がんばろう。
[PR]
by harpdiary | 2007-04-08 21:48