T大学フィルハーモニー管弦楽団の演奏会にエキストラ出演しました。


G.フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」 op.80


基本的に演奏後記やブログに悪口めいたことは
書かないように心がけていますが・・・・・・



今回のフォーレ、練習中に何度、堪忍袋の緒が切れるかと思ったか・・・・。



はい、お仕事をいただいてる立場としては
クライアントの演奏に
あーだ、こーだは、なかなか言えないのです・・・。
(意見を求められば、言いますが・・)

言い方に気をつけないと
「意地悪ばあさん」と勘違いされるし。


という訳で、意見せずにいましたが
顔はずーっと、眉間に皺。


何に対して、激怒していたかというと・・・。




ありえない Tempo



1.前奏曲        象もこんな速さじゃ歩けない
2.糸を紡ぐ女     女いうより、おばあさんのような。
3.シシリエンヌ    今まで弾いたことのない激速い、はやすぎ
4.メリザンドの死   死に至れないような遅さ


遅すぎるテンポで、管楽器は息がもたない
弦楽器は、弓がたりない


フレーズ感が、全くない。



何の意図があって、こんなに遅いのか????

と、学生に聞くと


「指揮者(学生)の好み」


は???
好みとは何ぞや??
好みだけでこの遅さはありえんやろう???




練習出るたびに、ありえなく不機嫌になり
眉間に皺寄せな私。


学生1人1人は、いい子ちゃんなのですが・・・。



大人気ないなー、いかんなーと思いながら
前日リハに臨みました。



控え室にD先生がいらして



「学生がとんでもない演奏をしていたので
昨日、きつく言いました。練習大変だったでしょう???」




そうなんです、先生~!!!(涙)
わかってもらえて、めっちゃ嬉しいです(涙)




D先生にねぎらいの言葉をかけていただいて
ちょっと気をよくしたけど
あの、テンポは早々に崩れんだろうな・・と覚悟を決めて、練習に臨んだら・・・・






全然、別物






すっごい、適正なテンポ。
超感動。
D先生のお言葉で、こんなに変わるとは・・・・。
先生、本当にありがとうございました!!!


適正なテンポに更正されて、私のストレスは、ゼロ!!!


当日リハも本番も、気持ちよく臨み
大きな事故もなく、本番無事終了。


適正なテンポについて、すごーく考えさせられました。

この曲の適正なテンポって・・・。


自分の経験値だけで、モノ言ってたけど、
いろんな演奏を聞いて、勉強しなきゃと改めて考えさせられたのでした。
[PR]
by harpdiary | 2007-06-30 23:06

2日前、A・フィガロのHさんから



「23日の13時から14時半頃ちゃ、ヒマけ??」



と電話がありました。

23日は、3時からレッスンの予定だったので



「大丈夫だけど・・・???」



Hさんは、婦中町の小学生の金管クラブ「婦中っ子バンド」の指導をされてます。
ご自身では、木管5重奏「A・フィガロ」もやっています。
フィガロとは、年に数回本番、ご一緒させてもらっています。


23日に婦中っ子バンドとA・フィガロが
うちの近所の地区センターで本番とのこと。


時間も空いてるので、OKしましたが
当日は


合わせなし。
ぶっつけ本番。



A・フィガロとは、おなじみの曲だから、いいものの。
婦中っ子バンドとやる譜面は、本番10分前に渡され・・・。


当然、ハープパートはなく、グロッケン(打楽器)の譜面を弾くことに。




本番開始。



もう、目は楽譜に釘付け!!


知ってる曲~♪と
うっかりしてて、何度かさまよいました。



たった3曲で必死。


初見本番って体に悪いですー(泣)




前半の婦中っ子バンドが終わり、後半がA・フィガロの演奏。
その中の3曲とアンコールにのりました。



初見じゃないだけに、穏やかに終了!!




だけど、終わっって時計を見たら

14:45!!


きゃー、15時から音楽院でレッスン!!


なりふり構わず、すたこらさっさと大慌てで片付けて

猛ダッシュでレッスンに行ったのでした。
[PR]
by harpdiary | 2007-06-23 23:09

アトラクション演奏

今日は、3日前に突如お願いされたアトラクション演奏でした。

完全にBGMのお仕事で、お客様はフレンチフルコースをお召し上がりに・・。


いいなあ、フレンチ。


そんなことをいってる場合じゃない!
黙々と演奏しました。


いつかの演奏後記にも書いたけど、BGMのお仕事は

修行


えーん、久しぶりだから疲れるよぅー。


と、思って曲が終わったら、お客さんが横にきて


「先生、呉羽高校出身なんですねー。
実は今年娘が、呉羽高校に入りましてね」

と話し掛けてくださった方がいらして、しばし談笑しました。



入学式にオーケストラの演奏があったのが、
すごく感激したっておっしゃっていました。



入学式、卒業式の演奏は・・・。



あまり聞けたものじゃないですが、
こうやって、感激してくださる方がいてよかった!




そして、また黙々と演奏。





何曲かリクエストがあったのですが
偶然に譜面を持っていて、なんとか演奏。

特にトラブルもなく、終えてほっとしたのでした。
[PR]
by harpdiary | 2007-06-18 23:21

今日は、Rクラブの例会のアトラクション演奏をお願いされました。

前回、カレイドスコープの演奏を聞いてくださった方からの依頼で
「予算がつけば、3人なんだけど、ごめんなさいね」
と丁寧に謝られ、今日はフルート&ハープの演奏となりました。


結構早めに会場に着いたから、もうちょっと練習しよって思ったら
同じアトラクションとして、
フラメンコのダンサー、ギター、カント(唄)の方が
白熱した念入りなリハーサルをなさっていたので
調弦もままならず・・・・・。



先に着替えを済ませてからのリハーサルになりました。




演奏は、ウエルカム演奏(お客様の入場)と
食事、歓談中のアトラクションで、フラメンコの後でした。


依頼を下さった方から

「ウエルカムは、クラシックな曲で、歓談中はいろんなジャンルの曲を」

とご指定があり、仰せの通りにプログラムを組みました。


ウェルカム中は、本当に静かで、歓談中は、大盛り上がり。



写メとられたりしてる・・と、ふと見たら・・・・・。



きゃーO先生!!!
M音楽大学卒業生の会の代表であるO先生が!!!



なぜ???ここに????



なんてことはない、
Rクラブはセレブな集まり。
夫婦同伴のこのパーティー。
O先生はセレブだから、いらっしゃっても不思議じゃない!!


ひえー!!




もう、粛々と演奏しました。


最後にはリクエスト曲の「今日の日はさようなら」

そしてRクラブのテーマ曲、「手に手つないで」



実は、この曲1951年に作曲されたもの。
Rクラブは、56年もの歴史があるのね!!


参加者全員が手と手を取り合い輪になって、大合唱していただき


最後には、司会の方が

「会長からお礼を」


となぜか、壇上で演奏料の入った封筒を受け取ることに・・・。



長いこと仕事してるけど
こんな公衆の面前で
ギャラを受け取ったことはないです・・・。




目がテンになりつつ、謝金を受け取り
反射的に笑顔で挨拶していたのでした。


会場をあとにする私とYちゃんにO先生が

「もっと、曲間のおじぎをきちんとしなきゃダメよ」




と厳しいご指摘を受け、会場を後にしたのでした。

これから、もっと丁寧におじぎします。
[PR]
by harpdiary | 2007-06-12 22:45

0小学校 学習参観

富山市O小学校の授業参観の一環で
演奏してきました。

O小学校は、旧大沢野町。
少子化に関わらず、300人の生徒数。
中学校のような大きな学校でした。


小学校での演奏依頼は、年に数回あります。
体育館のフロアで、生徒さんは体育座りでコの字型に座って
私は真ん中で演奏。


d0105922_22393152.jpg
今日は、60分の長いプログラムだったので
サウルハープも持参しました。
(写真は大きいけど、小さいハープです)
音色が素朴。

サウルは弦の数も少なくペダルも
ないので、今日は、童謡数曲と
いつも何度でも

この楽器、今年1月に買ってから、初めての本番。
私が買いにいったとき、
ちょうど限定台数の桜の木で作った
ハープがあるよってことで
GETしました。




ハープの歴史、しくみ、曲の説明、音楽の歴史などの話をまじえて演奏しました。
今日は、ハープに合わせて1.2.3年生がキラキラ星を歌い
4.5.6年生が、ハープに合わせて、リコーダーを演奏するという
企画もあり。



今日の授業参観に向けて、練習してくれていたそうで
キラキラ星の歌声は澄んでて
エーデルワイスは、リコーダーの他にハンドベルをやってくれたりと
本番はばっちりでした。



幼稚園や小学校での曲目には
アニメの曲を最後に入れるので、事前に学校に
リクエストをうかがったところきたのが



・ つぼみ       コブクロ
・ しおり       アクアタイムズ
・ いとしのナポリタン アクアタイムズ

      ~途中省略~

・千の風になって
・ハウルの動く城
・ゲト戦記
・ルパン三世のテーマ
・世界にひとつだけの花
・LOVE SO SWEAT  嵐
・ありがとう     SMAP
・こいのぼり
・パフ
・ちびまる子の曲
・ハム太朗の曲






SMAP、嵐、アクアタイムズからこいのぼりにハム太郎。
6年生と1年生ってこんなに違うのね・・・。
それにしても、パフって何???誰か教えて。





ここで問題。


ちびまる子ちゃんの曲は??

ドラえもんの曲は??







踊るポンポコリンと♪あんなこといいな~♪あったまてっかてっか~♪

と答えた方は、多分15歳以上。





15歳以下は



アララの呪文とハグしちゃお!




知ってます????
私、知りませんでしたー。





というわけで、ドラマまるまるちびまる子のエンディングをチェックし
本番に臨んだのでしたー。

質問コーナーも結構、活発に質問があって。
アンコールはお約束の校歌をみんなで歌い、なごやかに終了。



O小学校の生徒さんは、とても静かに聞いてくれて
いい子ちゃんでした。


本番終了後、お葬式に行かなきゃいけない私は
校長先生はじめ皆様に撤収のお手伝いをたくさんしていただき
超スピードで学校を後にしたのでした。
(O小学校の先生方、ろくにあいさつもせずにごめんなさい)
[PR]
by harpdiary | 2007-06-07 23:19

Tサキソフォンアンサンブルの演奏会にエキストラ出演しました。


サックスとハープ???


と思う方もいらっしゃると思いますが・・・。
簡単に言うと
サキソフォンのオーケストラに打楽器とハープが入るって感じです。

サキソフォンアンサンブルとの演奏は
初めてではなく、大学時代、結構たくさんやりました。
(ちなみに、ユーフォニウム&テューバアンサンブルにも
のったことがあります)



学生以来で超久しぶりだったので、とっても楽しみな本番でした♪♪




楽譜は、オケ譜のままの場合もあるし
移調譜だったりするのですが、今回は移調譜。
で、パート譜に曲名が入ってなくて
(というより、コピーが半分切れていて読めなかった・・・)


ファリャの三角帽子ねー、懐かしいわーとさらってて
CDにあわせて、練習しようとCDかけたら


違う・・・・





ひゃー!!
ファリャじゃないよう、リムスキーだった!!!





CDかけるまで、ずーっと曲名間違えてたー!!
本当におばかな私・・・。





はい、正しくは
リムスキー・コルサコフのスペイン奇想曲です。






ハープソロのカデンツがあるんだけど
すっごく弾きにくいの。

同じ弦を早く弾かなきゃいけなくて
(同じ弦を弾く〓指がぶつかり、ノイズが出やすい
〓美しくない〓異名同音で書き換えられない
〓楽譜通り弾くしかない〓美しく弾くのには技術)




逃げ道のないカデンツ
学生時代にも、あまり上手く弾けた覚えがない・・
リベンジです(泣)






4月下旬から練習に参加しました。



練習に参加してびっくり。
良く知っているHさんもいれば
高校のZ先輩!


先輩、高校時代からずいぶんたっているのに
変わらずイケメンで、思わず
「先輩、相変わらずカッコいい~!!」
を連呼していた私。
ちなみに先輩はもうパパでした。



そして同級生のY君。
一緒に大学受験して、ピアノ副科試験と、新曲がうまくいかず
2人でへこみまくった帰り道
「ゲーセンに行こう!!」
と、池袋のゲーセンで1時間遊んで、気晴らしして

「明日の実技、がんばろうね!!!」


と別れてから、受験の結果
彼は落ちちゃったので、勝手に気まずくなっていた私。
(しかも、Y君は1浪後、違う大学にいっちゃった)



でも、久しぶりに会ったら、変わっていなくて。
同級生や高校の先輩後輩って、何年会ってなくても
さくっと気軽に話せて、楽しい!!
本当に不思議。




いろんな再会があったりしたんだけど
感激の再会は
やっぱサキソフォンのI先生!!!


I先生とは、2002年となみ吹奏楽スピリッツで
共演させていただき
(実行委員会の依頼で、先生は私のような素人と共演させられて、
さぞ、迷惑だったと思いますが、私にはとてもよい経験でした。
ちなみに、ラヴェルのハバネラ形式による小品
とってもいい演奏ができて、大感激でした)





本番は、I先生の指揮でした。



何度もやったスペイン奇想曲のはずですが・・。
練習中に、ソロは何度もこけ
弾けないところは何年たっても変わらず(泣)
へこみました・・・。


そして何よりも、甘かったのは・・。




人数の多さ
前日になると、見たことない人がいっぱいいる・・・。



40人くらいいるぞぅ


大学のアンサンブルは、30人弱だったけど。
本番まだ増えるらしい。
50人くらい???


前日の練習で、I先生が
「やってらんないなーと思うでしょ??川村さん」

「そんなことないですー」
と答えたものの・・・。




先生、私が入る箇所は全部合図くれて
目が合うから
とにかく聞こえるように、限界寸前大音量に弾くんだけど・・。




無理っす。


大音量のサキソフォン50本。
いくら私、頑張っても、勝てるわけない(泣)





私、大きい音が出せるハーピストだけど
サキソフォン50本には、到底無理。




とにかく、限界まで大音量で弾き・・・。
こんなでっかい音で弾くの、久しぶりだよー、
っていうか、指痛い・・・腕の筋も痛い・・・。




前日練習で、指は真っ赤に腫れ上がり・・・




本番当日になりました。




ホールに入ると、ますます響くサキソフォンの音。

リハが予想以上にすんなりカデンツが弾けてしまい・・・・・・。






やばい・・

本番めっちゃこけるかも・・・。






と、イヤーな予感が頭をよぎり・・。


でもめげてはいられない!!

指は痛いけど。


気合で本番臨みました。




曲間にI先生のなごやかなトークがあり
一瞬、お客のような私・・・。





いかん、終わっちゃいない、これからだよー、


スペインはじまる前にI先生が、「この曲は~」と解説があり、



「ハープのソロもあり」




えーん、プレッシャーかけられたよう。






とへこんでて、ふと見たら

コンマスのDちゃん私見て、にまにまして、ピース。




プレッシャーかけられて、本番がはじまりました。






リムスキー・コルサコフのスペイン奇想曲は、
5曲が切れ目なく続いていく曲なんだけど
1.2曲目は出番がなく、待ち。


待つだけ待って、3曲目。




とにかく、集中。必死でした。


そして、4曲目のカデンツ、サキソフォンの4人が、カデンツをつないで
最後のカデンツが、私。



弾き始めた瞬間


冷静






なのはいいけど、超、超安全運転。




意味わかんないっすね、すいません。








要は、ビビデバビデブーな私は、
感情と指に任せる演奏ではなく、冷静に丁寧に弾いたのでした。



とりあえず   ほっ。





コケまくる演奏は免れたっ!
うかうかしていられない、もう一つの難所、クリアせねば!!!



サキソフォンの皆様もすごく冷静で
(っていうか、この曲走り出したらとまんないし、
燃えやすいし、暴走しやすい)


5曲目。
練習中、ぼーっとしていると
6拍子から3拍子を時々数え間違えたりしてるから、要注意。



キタ!!





必死でした、落ちたら2度と入れない!!
限界の大音量で、一瞬やばいかも
と、思いつつ頑張ってついていきました。






難所をクリアした後は、アンサンブルが楽しくて。


最後のグリッサンドは、温存していた2の指で
(練習中は、3の指)

すっごいしっかりしたいい音のグリッサンド!!!
やったー!!






スペイン奇想曲 終了。


曲が終わった瞬間、I先生が私を1番最初にソロとして

紹介して(立たせて)くれました。



超感激




メンバーよりも先に立たせてくれるなんて!!
先生、ありがとうございます!!!!





完璧と言えるほどではないけど、会心のソロができたし
学生時代のリベンジも果たせたし。



久しぶりにおいしいビールが飲めたのでした♪♪♪




打ち上げの様子は
ブログchoco-holic
http://chocolam.exblog.jp/
[PR]
by harpdiary | 2007-06-04 23:34