10年来のお付き合いをさせていただいてるY社長から
Nライオンズクラブの50周年記念式典での
演奏をお願いされました。



「2年前に、例会で演奏したときの評判がよくてリクエストがあったよ」


本当にありがたいです(涙。涙)



富山県下の財界人、長野からも参加があり、そうそうたる式典でした。




私が演奏依頼を受けたのは、ウエルカム演奏と祝宴の間。




ゲストは、私だけじゃないのです!




菅原洋一さん




国立音大卒業。紅白出場歌手。




はい、私はおまけのおまけ。
Yさんのおかげで、このすごい式典によんでいただきました。



式典前のウエルカム演奏は、すごくおごそかな雰囲気の中で
演奏しました。祝宴後は、きっとやかましいから
聞いてくださるといなあと思いながら、演奏しました。





すごーく空き時間だあって、控え室でしばし、じっとして。
いただいたタイムスケジュール、ほぼ完璧で式典はすすみました。




祝宴。




あ、菅原さんの演奏はじまった~。





控え室から聞きこえてくる、会場のピューピューという歓声。
盛り上がってるなあ。






やんややんやの大騒ぎで菅原さんのステージは終了。





そして、私の出番。



会場は、大盛り上がり。
私は、粛々と演奏をこなし、あっというまの終了でした。




「やかましくて、ごめんね」と何度もYさんに謝られ
そんなこともあるさーと気軽に思ってました。




うちの親が、「菅原さん、どうやった??」



聞いてきたけど、控え室からしか聞いてないので



「うーん、髪型が、お茶の水博士みたいだったよ」



っていったら、あんぐりしてました。
でも似てたんだよ~。(ファンの方ごめんなさい)


次は、Nライオンズクラブ例会で、カレスコで演奏します。
この日の演奏後記はカレイドスコープ・ブログにUPされています
[PR]
by harpdiary | 2007-10-20 19:29 | 日記

T県オーケストラ連盟主催の演奏会
「2007オーケストラフェスティバル」


私、一応T県オーケストラ連盟の理事なんです・・・。



理事とはなんぞや??

Yahoo!辞書より~
法人の業務を執行し、その法人を代表して権利を行使する機関。
株式会社・有限会社では取締役という
a director; ディレクター





簡単に言うと、T県オーケストラ連盟所属団体より
各代表2名が自動的に理事になります。
(私の場合はTLディースオーケストラ)

何ヶ月毎に理事会があり、出席せねばならず
毎年、合同演奏会を催します。
編成(室内楽)と大編成(フルオーケストラ)が隔年です。
当然、ハープの必要な曲は、私が演奏しなきゃいけないです。
(当然ギャラなし)



今年は、ちょうど大編成の年。


チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」
プロコフィエフ   ロメオとジュリエットより





私の乗り番は、プロコフィエフ。
しかも、第1、2組曲から、抜粋。






この曲、10年前にやりました。楽譜もちゃんと取ってありました。


なのに・・・。




なーんにも、覚えてない・・・。





すでに、アルツハイマー始まってます・・・。





じゃなくて!

いかん、本当に記憶にないよ。しかもCDもスコアも持っていない・・。
10年前の私は、どうやってこの曲を勉強したんだろうか・・?



っていうか、10年前の私は、全然勉強していないまま
この曲やってたんだろうなあ。




お、おそろしい・・・。




やったはずの曲、やりなおし。
というより、初めてやる曲として、やり直し。



本当にさらうヒマがなかった・・・。
ギャラなしをいいことに、練習に行って練習してる状態でした。


あ・・・日本語おかしいっすね。



オーケストラの練習に参加する前に
〓家で譜読み、練習、CDにあわせて挽いてみる。


っていうのを、いつも必ずやるんだけど、
今回まーったくできなかった。
9月、10月頭、本番めちゃくちゃでアップアップ(まさに言い訳大王)




オーケストラ練習に行って練習してる状態でした。すんません。




だから。



本番指揮者のU先生がいらっしゃるときなんて
ビビデバビデブー。(びびってるという私語)
といいながら、1回目の練習、人生はじめての二日酔いだった、サイテー私。
choco-holic 自業自得 参照





今回合同オーケストラで弦楽器ものすごい数。
ヴァイオリンだけで40人近くいたような気がする・・。



一生懸命弾いても弾いてもかき消されるハープ。
しょうがないっす。



で、あまりに私の音が聞こえないのか、U先生
私がちゃんと弾けてるか、確認したいのか
何回もつかまっては



ひとり弾き。



はああ、こんなにつかまるなんて、学生以来だよ。
っていうか、この指揮者、私の印象悪いだろうなあ。
でもね、このG創造センターのリハーサル室じゃあ
ハープの音は聞こえなんだって!!




という感じで、練習を乗り越え??、本番を迎えました。







本番前日、Oバードホール。

Oバードホールは、めっちゃハープの音聞こえるの。
これで、G創造センターの聞こえないを返上できるでしょ???




予想通り。指揮者から




「ハープ、よく聞こえます。OKです」



ほっ。安心して本番を迎えられました。





オーケストラの本番は、集中力命。
練習通りだった試しがない。
本番には、本番しかない演奏。
オーケストラに限った話じゃないけど。





もう必死でした。
オケの呼吸も、指揮者の呼吸にも。

数々、木管と合わなきゃいけないところも多く。



なんとかクリア。




大きな事故なく、終えることができました。
本当によかった!!

楽しく打ち上げで飲みました♪
[PR]
by harpdiary | 2007-10-14 00:24

今年の2月に演奏依頼を下さったTSLクラブのKさんから
再度依頼をいただきました。



本当にリピートでお仕事をいただけるってありがたいです。



100周年の記念事業は、講演、植樹、コンサート。
前回はハープソロでしたが、今回はフルートとハープでお願いされました。



一昨日に引き続き、フルートはカレスコのYちゃん。
Yちゃんとは、一番たくさん本番をやっているけど、病院では初めて。
私も病院でのコンサートは、1年半ぶり。



場所は吹き抜けの広い2Fロビー。
響きすぎるくらい。
ステージ用に準備してくださった台が、結構に揺れ・・・。
歩くと、ミシミシ音が出て、ちょっと怖い・・・。



台の床が抜けるんじゃないかとプチ恐怖との戦いで。





お話を交え、いろんな構成の曲をプログラムに入れました。
それにしても「枯葉」ヘタクソだったなあ。
反省。



日本の秋の曲は口ずさんでくださる方も多く、なごやかでした。




なんとか無事終了。
でも、時間内に納めなきゃって妙にあせっていたなあ。




アンコールはTSLクラブの方が
「みかんの花咲く丘」をお願いされ、演奏しました。


この曲って、数ある日本の曲の中で少ない8分の6拍子なんだなあ
など、しみじみ思いながら演奏しました。


患者さんの心に少しでも響く音が出せたかなあ?
まだまだがんばらなきゃって痛感した本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2007-10-13 22:27

TNRクラブ 観月会




ずいぶん前にお仕事をいただいていたイベント会社の
SさんからTNRクラブの観月会での演奏依頼を受けました。


観月会というタイトルの例会なのか
会場の壁には、ライトで作った満月、そして大きな花入に
すすきが飾ってありました。


フルートとハープの演奏で、リクエストをいただいたのが
1週間前・・・。




「何でもいいから、モーツアルトの曲をお願いします」






はいーはーい、とレパートリー曲を探しました。






結論。



かの有名なモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲も
避け続けた結果






モーツァルトの曲を
レパートリーで持ち合わせてなかったことが判明。









がーん。何年、演奏活動やってんだ???私。




えーん、へこみに凹み、凹んでる場合じゃない!
本番は1週間後。




そんな時、以前Y先生とご一緒した時にいただいた楽譜
トルコ行進曲を思い出して・・・。





ほっ。トルコ行進曲で落ち着きました。





今回もカレスコのYちゃんにお願いして、当日。
Yちゃんが、珍しく
「トルコ行進曲、難しいです~泣」  




珍しく苦戦した模様。
みんなが知ってるピアノ曲ゆえ、いろんな意味で難しい・・・。
念入りにリハをしたら、あっというまに本番の時間になり。







本番開始。
曲間にフルート、ハープそれぞれの楽器についての説明を
した後、トルコ行進曲。




リピートのややこしさをクリアして、なんとか終了。






その後は、観月会というテーマもあったので
月にちなんだ曲「ムーンリバー」や「月の砂漠」を演奏しました。



最後の1曲の前に
「質問などあったら、おっしゃって下さい」など言うと






ものすごい勢いで、質問が始まり・・・。
(多分、10分以上は質疑応答だった気が・・)




自分の説明力不足に反省。
でも、質疑応答の場は、結構和やかで。




最後にアンコールもいただき、終了。
トルコ行進曲もなんとか終了してよかったー!


今回の事で、避けていた
モーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」を
絶対にさらおう!と、かたく決心したのでした。
勉強せねば!
[PR]
by harpdiary | 2007-10-11 23:22 | 日記

チェロのS先生のお誘いで、H小学校キラキラコンサートに
出演しました。

d0105922_2332453.jpg


H小学校ブログより

「キラキラコンサート」は、自由な音楽の発表の場を提供し、
いろいろな音楽に触れることを目的として、昨年度から
始まりました。
各学年の参加のほかに、学年を超えた自由参加や
校外からのゲストの演奏会も予定しています。
子供たちが、身近に音楽を感じられる場をつくれたらと
願っています。




キラキラコンサートでびっくりしたこと。

1.会場が音楽室
2.お昼休み30分の間に行われる。
3.生徒は、自由参加。(お昼休みなのでグランドや体育館で
  遊んでる子もいました)




S先生もあまり分かっていらっしゃらなくて、びっくりの様子。
自由参加のコンサート、子供たち集まってくれるかなあと
ちょっと心配でしたが、音楽室は結構にいっぱいでした。




最初にハープソロを演奏した後、チェロとの曲目。
とにかく、お昼休みの間なので、伸びちゃいけない。
時間が気になりつつも、なんとか曲目をこなしました。




小学校でも、よく演奏しますが、大概体育館で
全校生徒に聞いてもらうことが多いです。





今回は、音楽室だから、子供達は体育すわりで
超至近距離。
キラキラした眼差しを目の前に演奏するのは
とても新鮮でした。






コンサート終了後、校長先生に声をかけられ
ふと、校長先生の名札(透明な首からさげてるやつです)を
見たら・・・・。



きゃあー、中学校の体育の先生、M先生!!!!
2年生のときは、他のクラス担任で
3年生では違ってたから、この前の同窓会では
お会いできなかったけど!!




うわー、なんかすごい偶然。





余談だけど、
校内暴力、ビーバップハイスクールまっさかりな中学時代
先生は、竹刀持ってて。
ゼッケン忘れた時、たたかれたなあ。




M先生のあだ名は、インジャン。
アニメ・トムソーヤの冒険に出てくるインディアン・ジョーが
なまって、インジャン。


この前の同窓会でも
「インジャン、おらんかったねぇ」
「2年生のクラス担任だから、呼んでないよ」
「あれ??2年生だっけ」

という会話を、何人もかわしました。
とにかくインパクトのある先生でした。





先生は当然私のことは覚えてなかったけど。
ひとしきり、懐かしい話をして学校をあとにしました。


キラキラコンサートって名前、かわいい!
この名前って、子供たちのキラキラした瞳を思い出します。
すごくパワーもらいました!
[PR]
by harpdiary | 2007-10-09 23:06

G ゴルフコンペ懇親会

K保育所の本番を終えた夕方から、
大沢野にあるHP:リバーリトリートGでのディナ-のBGMの
演奏依頼を受けました。



このGは、2000年の招待客オープンの際から
お仕事をいただいてまして、「ここは本当に大沢野??」って
思うほど立地、景観のよさをフルに活用したおされなホテル。


ちなみに最初にお仕事いただいた際は
全客室(スウィートルームも)の見学ができたので
私は、宿泊したことないけど、お部屋は知ってます、ふふふ。




ここは、お客様用の着替え室はなくって
いつも空いている小宴会場や個室をお借りするのだけど、
今日は小宴会場も個室も満席で
ホテルの客室が控え室に!!




きゃー!!!
キレイなお部屋!!


リビングに和室に寝室に!!きゃーここに住みたいです!私!!!



ちゃう、ちゃう。仕事だよ。




着替えを済ませ、仕事モードに切替。







G主催のゴルフコンペの打ち上げでのBGM。
調弦してたら、横に大きな暗譜を持ち込んでいる方が・・・。



「お宅様の合間にやらせてもらいますわ」



へ???誰??


よくよくお話をうかがうと、今日のお客様で
余興として、ご自分で持ち込んだアンプと楽器。

しかも、楽器が





電子サックス、

初めて見た~!!!





BGMほど、あなどれない仕事はないです・・。
よーく見ると、GのI社長はじめ、そうそうたる顔ぶれ・・・。)



ウェルカム演奏、乾杯後の歓談中、淡々とこなしました。
(淡々とっていうのは、手抜きじゃないっすよ)





途中ビンゴの間、休憩して再度演奏。
大盛り上がりな会場で、淡々と演奏。




終了。



楽器搬出後、古くから知っているホテルの方とお話したりして
あとにしました。


ふうぅ、1日2回本番ダブルヘッダーはつらいっす。

明日はカレスコ(Caleidoscopio-diary)だ!
[PR]
by harpdiary | 2007-10-04 22:34

K保育園祖父母の集い

ピアノのM先生から、K保育園での演奏をお願いされました。




M先生とのお付き合いは、4年ほど。
今回のように時々演奏をご一緒するのは、もちろんですが
M先生から、私いろんな繋がりが広がって。




今通っているケーキ教室のE先生。
M先生のお友達、フランス・ナント在住の画家Oさん。





M先生からの繋がりは、私にとってHAPPYの連続なのです。



さてさて、この日はM先生がリトミックを教えているK保育園の
祖父母の集いでの演奏でした。



朝10時からの本番で、入り時間も早く・・・。

朝ばっちり起きていたのに・・・。



遅刻





しかもカーナビが分かりづらく・・・。

M先生をとっても焦らせてしまいました。先生本当にごめんなさい。




慌てふためきながらも、リハは落ち着いて進み、
本番の時間も迫り、控え室へ。




その途中、すれ違った方

あ、この方知ってる・・・・・うーん。




・・・・・・・・・・・・
・・・・・

・・・・

!!!Iさん!!!



数年前、茶道のお稽古でご一緒してたIさん!!



「Iさん!!!」

Iさんもびっくり。


「きゃー、久しぶりね~」


お孫さんができたからって、しばらくお稽古お休みされてれるから
(っていうか、私も全然お稽古行けてないけど)
お会いしてなくて。すごい偶然でした!!!





演奏後記なのに、前置き長くてすみません。(あ、いつもか?)



着替えを済ませ、いよいよ本番。名前が紹介されお遊戯室に入ったら・・・



ものすごい人!!!
園児は、もちろん、祖父母の集いだから、
おじいちゃんもおばあちゃんもいっぱい!!




ものすごい熱気で始まりました。


ハープソロは1曲だけで、後はM先生とのアンサンブル。
最初にハープソロ。



唯一のハープソロ。



なのに・・
全くまわらない、私の指。

うわーん、朝って本当に動かない~!!!


どつぼにはまったかのように、、指がはまらない!!


四苦八苦しながら、なんとか終了。




次からはM先生が進行をしてくださったので、私は演奏に専念♪



わかりやすい曲を中心としたプログラムでした。
保育所で子供たちが習ってる歌っていうので
M先生が、保育園に聞いたところ



秋の七草
とんぼのめがね





とんぼのめがねは、ともかく
秋の七草・・・・。


ちなみに秋の七草言えません・・・。



合わせの祭にM先生から、秋の七草の楽譜をいただきました。



♪萩、ススキ、クズ、なでしこ、おみなえし、フジバカマ、あさがお♪




この7つが簡単に歌いながら覚えられるようになってる覚え歌。



私の頃には、こんな歌習ってないよ~。
今の子は、遊び歌もいろいろあるからいいなあ。



など、思いながら演奏。子供達も大きな声で歌ってくれました。



最後に、老若男女共通の今年のミリオンセラー
「千の風になって」をM先生と演奏。



1コーラス終わって、間奏弾き始めたら・・・・・。




M先生、2コーラスめに行ってる!!!



うろたえつつ、今どこか探すんだけど。




焦れば焦るほど、違うコードを弾いてしまう私(泣)
誰もがわかる曲がうまくいかないって・・・・・。
泣。



演奏の焦りとは別に、元気いっぱいの園児と
お孫さんとの交流でなごやかな笑顔の祖父母の皆様に
なんか元気をもらったのでした。


朝イチの本番、もっと、うまく弾きたいなあ・・・。
[PR]
by harpdiary | 2007-10-04 22:27 | 日記