T大学プロムナードコンサート翌日
O島絵本館夏色コンサートに出演しました。


毎年の夏色コンサートに出演してはや7回目。
今年もハープソロ。
昨年も一昨年も悔しい思いをしたので(昨年の様子はコチラ
今年こそはという思いで一杯でした。




何を弾こうかなあ???と考えた挙句




学生時代、演奏したトゥルニエ「演奏会用練習曲・朝に」を久しぶりに弾きたいなあ。
ということで、記憶の彼方にあった曲をさらい直しすることにしました。
アルツまっさかりの私。本当に何もかも、初めて状態。
暗譜するの苦しかったけど、トゥルニエの曲はキレイ053.gif
さらっていて、楽しかった!



今回は、私、第1部のトリ。うわー、びびでばびでぶー。
会場は、親子教室??って思うほど、チビッコとママ・パパ。
昨年のように、チビッコの泣き声に惑わされないようにしなければ。
気を引き締めて、演奏しました。


1曲目、よく演奏している夜の歌。
緊張をほぐしながら、演奏しました。静寂が心地よかった!
2曲目、トゥルニエ。
本番での指のコントロールが難しい。
いつも大丈夫なところが、上手くいかなかったり。
繊細な表現ができるように、細心の注意を払いました。
ハーモニックスもまあまあきれいにできて、ほっ。
順調にきた最後の再現部、そして残りの1ページ。
1回目のグリッサンド後・・・



??????




一瞬頭が真っ白。
演奏ストップにはならなかったけど、多分1回目のグリッサンドが気持ちよくて
吹っ飛んだみたい。
007.gif007.gifがーん007.gif007.gif

うわーん、曲のクライマックスが、激しょぼ。
よろよろ最後6小節弾いて終了。
超不完全燃焼。
凹み、めりこみました。




でも、めりこむヒマなく、2部はお話しつきの演奏。
フルート、筝2台、ハープによる



かさじぞう。




懐かしい。国語の教科書に出てたお話だなあ・・・。
ソロの凹みをもちこんじゃあいけない。
幸い、休憩をはさみました。
チューニングしながら、気を取り直しつつ、ふと客席見たら・・・・。




レッスンの生徒、爆睡してる・・・・椅子から落ちそう。




わらっちゃった041.gif
この子、私が演奏してる間から、休憩中も大爆睡なんだよね。
まあ、私がどんなに頑張って演奏していても、睡魔には勝てないのね・・・。



第2部「かさじぞう」




今回は、筝・十八弦と尺八の譜面(漢字のもの)を
作曲者にお願いして、五線譜に書きなおしてもらいました。
書きなおすにあたって、本番のビデオを送ってほしいとお願いされたそうです。

リハの間、うまくいかないと、メンバーで
「やばい!作曲家の先生に怒られる~」が合言葉になっていました003.gif



そして本番
演奏も朗読のタイミングも
リハーサルより、本番が1番よかった気がします049.gif
スライド上映付のこのプログラム。絵本館ならでは。
終了後、たくさんの拍手をいただきました。お客さんも楽しめたんじゃないかなあ。


アンコールは、全員で演奏。
「上を向いて歩こう」
プログラムに歌詞が載っていたので、お客さんも斉唱。
和やかに終了しました。

終了後、楽器搬出していたら、
ちょうどt中学校の同級生Nちゃん、11月に出産した赤ちゃんが
帰るところに遭遇!特に案内もしなかったのに
聞きに来てくれてありがとう040.gif


今年も、ソロに心残りがあったけど、暗譜力も落ちてないし
10月に協奏曲が控えてるので、かすかな自信になりました。


それにしても、この1ヶ月きつかった。
13個の本番1個づつ、こなすのに必死だったなあ。
少しヒマになるので、協奏曲暗譜に集中します066.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-06-22 22:41 | 日記

T大学フィルハーモニー管弦楽団第30回プロムナードコンサートに
エキストラ出演しました。今回お願いされた曲は



グリーグ 組曲「十字軍の兵士シグール」


知らない・・・この曲015.gif




~プログラム曲目解説より~
19世紀、ノルウェー南西部ベルゲンに生まれたグリーグは
幼少の頃にピアニストであった母にピアノを習い、ライプツィヒ音楽院にて
作曲とピアノを学びました・・・・・・中略・・・・・・・・・
「十字軍の兵士シグール」は、1892年に作曲されました。
ノルウェーの文豪ビュルンソンの戯曲につけた音楽(5曲)から
3曲にまとめたものです。
1曲め   王宮にて
2曲め   ボルグヒルの夢
3曲め   忠誠行進曲




私の出番は、3曲目のみ。
曲の構成は。複雑ではなく、どちらかというと単調な感じです。
ハープは、パート譜は1ページしかない。
出番が少なくて申し訳ないなあ。
でも、この1ページが、いい感じのオーケトレーション053.gif
オケのハープは、超ソロで心臓バクバクものか
聞えるわけ」ないじゃん!っていう
、やかましいTutti部分のパターンが多いのですが
この曲のハープは、弦楽器の美しいメロディーをより引き立たせる
和音がちりばめられていて、練習に出てびっくりでした。


6月は本番ラッシュで、あまり練習に参加できませんでした、
T大生の皆さん、ごめんなさい040.gif


本番も、美しい旋律に乗って、演奏できてすっごい気持ちよかったです。
この曲は、今回お話をいただかなかったら、ずーっと知らずにいたんだろうなあ。
ステキな曲に出会えて、感謝でした。
[PR]
by harpdiary | 2008-06-21 22:39 | 日記

アトラクション演奏

今日から3日連続の本番です。


ヴァイオリンのO先生からの依頼で、T商工会議所女性の会で演奏しました。
今回は、フルート、ヴァイオリン、ハープのトリオで
フルートはカレスコのYちゃんにお願いしました。


O先生は超多忙なため、合わせの時間がとれず、本番当日のみ。
偶然、楽譜を届けに行ったら
すごくいいタイミングでお会いできたので打ち合わせは、ばっちりでした。


短い時間の本番でしたが、結構に盛りだくさんな曲目でした。
コキリコ節を演奏した際には、お客様から手拍子もいただき
聞えてきたのが



あいよー




というお客様の合いの手。
あいよが聞えた瞬間、吹き出しそうになってしまって笑いをこらえるのが必死
041.gifなんとか最後まで演奏しました。


本番後、O先生とYちゃんに
「あいよって聞えた瞬間、可笑しかったですよね??」と聞いたら


「演奏に集中してたから、聞えなかった」



と言われてしまいました。私って演奏に集中してない??
でも、本当に笑いをこらえるのが必死な和やかなj本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2008-06-20 23:46 | 日記

前日に引き続き、T商業高校定期演奏会2日めに出演しました。



前日の富山sティフィルの演奏会で落ちたテンションをひきずらないように。




1日めもめいっぱい吹いてる生徒たちを考慮してか。
リハーサルは、10分ほどで終了。
本番集中するのみ045.gif


とにかく本番前の個人練習必死でした042.gif



協奏曲は、ソリストのテンションも日によって違うし、本番は細心の注意が必要。
幸い、吹奏楽のセッティングは
ソリストの真横にいた私(っていうか、ソリストにしたら私のこと邪魔だったと思う)
絡みも多いし、ぴったりと合わせられてよかった。
同じ曲目の演奏会を2日連続というのは
ここ最近なかったので、久しぶりに貴重ないい経験でした060.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-06-15 23:49 | 日記

富山Sティフィル第29回定期演奏会にエキストラ出演しました。
今回お話をいただいた時点で、他の本番や練習が多く
ほとんど練習に参加できないことが、判明。
ものすごく、申し訳なかったです040.gif


演奏曲は、

スメタナ      連作交響詩「わが祖国」より「モルダウ」
ドビュッシー    交響詩「海」




あまりに練習出られないこともあって
今回は、1番ハープを降りました。後輩のUさんに、モルダウ、海の1番をお願いしました。



そして、本番前日。指揮者と初めて合わせ。
人間できてない私は、かっちーんと来ることが多く
choco-holic参照:ゴミ日記
本番を迎えました。


苦しくも、T商業のリハ・本番を終え、てんてこまい。
ブログchoco-holicより



T商業の本番が終わったのが14時40分。
うっきゃー!!間に合わない!急げ!
本番衣裳のまま、荷物を持って車に乗り込んで、飛ばすぞ!8号線。


なのに・・・超混んでる8号線
えーん、リハーサルが間に合わないよ~。
事故っちゃいけない。混んでることもあってか安全運転。



予定より30分遅れで到着。



リハーサルは、私待ち。みなさん、本当にごめんなさい。
とにかく事故らなかったから、本番に穴はあけなかった、ほっ。




そして、リハ開始。
昨日合わせられなかった個所はクリア。
1箇所うまくいかなかったところ、本番前にUさんと念入りに合わせて本番を迎えました。
チューニング.前半は降り番。休憩後さらに念入りにチューニング。



出だし、2小節目。ソロ。指揮を見てテンポを合わせて入った瞬間。



ひえ~!!!半音違う007.gif



007.gif007.gif007.gifがーん、ペダル間違えてる。超初歩的なミス。ありえんし007.gif007.gif007.gif




このミスで、私のテンションは、がた落ち。
曲の最後まで、極めて冷静でしたが、リハの方がまともだった。
本番にいい演奏ができなかった自分に対して





はあああああああああ




明日のT商業に向けて、もう1回気持ちを切り替えなければ。
明日も早いし、打ち上げは当然キャンセル。



今回、ドビュッシーを演奏して気づいたこと。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
海の情景を表した標題音楽であり、交響詩と呼ばれることもあるが、作曲者自身は
この作品に管弦楽のための3つの交響的素描(エスキス)の副題を与えた
ドビュッシー彼の最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品。




葛飾北斎の浮世絵からも触発されて作られたとも言われるこの作品。
とにかく海の描写がすごく巧みでオーケストレーションが素晴らしい。



楽譜が、ドビュッシーの描きたい海の白黒の設計図じゃないかと思った。
演奏者であるオーケストラの私達が、その設計図に色をのせていく。
作曲者の指示通りに空間を彩るのがオーケストラの役割じゃないかと思った。
変な日本語ごめんなさい。
この本番で、オーケストラの一員として音を出すという責任
(今までなかったわけじゃないけど)
作曲者の設計図の中の一色なんだってことを初めて自覚しました。
未熟者ですんません040.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-06-14 22:27 | 日記

T商業高校の定期演奏会にエキストラ出演しました。
T商業高校は、吹奏楽ハープパートの指導に行ってはや8年。
コンクール自由曲の指導と定期演奏会での曲を指導しています。
ところが今回。顧問のK先生が


「生徒無理だと思うので、先生お願いします」


アルチュニアンのトランペット協奏曲。




8年前やったから、大丈夫。
と思ったのが、大間違い。
全然覚えてない・・・・007.gif
私のアルツハイマーは思った以上に深刻でした。
譜読み、CDの読み取りもやり直し。
この曲は、和音がつかみづらかった・・・ていうのは、かろうじて覚えていて
♯中心の楽譜を異名同音♭に書き換えて、チューニングや響きがよくなるように工夫。
和音がつかみやすくなったけど、ペダルが難しくなって、猛練習しました。



合わせは、前日のみ。なんとかクリア。当日を迎えました。
本番。
最初、リハより速いテンポではじまりました。
この曲は変拍子だから、数えないと落ちる、必死。
しかも、ハープの出番は少ないけど、ソロとの絡みも多いし、
私がミスすると、ソロが台無し、責任重大。
とにかく集中。



なんとか無事終了、ほっ。
この日は、夕方Sフィルの本番もあって、本番後、即移動。
2日連続のT商業定期演奏会、いいスタートが切れてほっとしました001.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-06-14 14:51 | 日記

長野県にある「オーケストラ長野Sノーレ」第15回定期演奏会に出演しました。
このオーケストラとのお付き合いは、かれこれ3年ほど。
去年は、1度もお願いされていなかったので久しぶりに行きました。


今回は、「ビゼーのカルメンです」とお願いされたので
あの楽譜だよね、でも練習番号違ってたら面倒だし、念のため
楽譜送付をお願いしていたのに・・・




届いたのが3日前。



しかも・・・・・。






楽譜の版が違う。
がーん025.gifしかも、13曲。



通常のオーケストラ譜組曲版と違って、歌の伴奏版。
同じようで、違う・・・。
しかも、大学時代の楽譜でやった形跡がある。
なのに




なにも覚えてない・・・。



アルツ真っ盛りの私。楽譜は簡単で弾くことは平気だけど、
歌の伴奏は、歌い手がゆれると拍が・・・・・オケとの合わせが・・・・008.gif
不安だらけのまま、長野入りしました。




1番不安だったのが、花の歌。
到着して、すぐに事務局の方にスコアを借りて、
歌のメロディーを書きこもうとしたけど・・・・。
書ききれない046.gif
頭をさっさと切り替えて、コンビニ行って、スコアをコピー、製本。
マーカー使って見やすくして、ペダル記号書いて。
降り番の曲の間、必死。




「川村さんなら、大丈夫かと思って」
と、事務局長。



私のこと信頼してくれるのは嬉しいけど、限度があるよぉ007.gif
でも、実は歌の方々「Aミーナ デル ベルカント」の代表が
本番3週間前に急逝され、演奏会自体もどうするか?代役は??
など、かなり大変だったご様子なのでした。




そして、臨んだリハ。
大学時代の経験は・・・・アルツで全く役に立たず。
ところどころ、弦のピッツィカートとハープのみっていう場面で
指揮者に「8分音符きちんと止めて」など捕まりまくり。
問題の花の歌では、ゆれる拍についていけず、落ちっぱなし。
へこむ002.gif


でもリハの時間は、限られている。
私が落ちまくっているからか、もう1度通しが始まり
極力冷静にオケを聞いて、拍を数え、歌を聴く。
伸びる部分を確認。
なんとかできて、ほっ。翌日の本番に臨みました。



リハ、花の歌はどうにかなったけど、最後のジプシーの歌。
私だけが、ずれるテンポ。がーん。ステージ上での時差に対応しきれず
また、私のせいで出だしやり直し。など冷や汗もの。



開場ぎりぎりまで練習。本番前にここまでさらったのも久しぶり。
チューニングして本番。


問題の花の歌。
ハープのアルペジオが目立つので、とにかく細心の注意をはらって、演奏。
フェルマータが3回。2回は順調なのに・・・。
3回目。



歌を聴きすぎて、出が・・・・。遅れ・・・・・落ちた。




うわーん。本番の歌の伸び方は、リハと全然違う・・・。
そうだよ、本番って違うんだよ、練習と。



007.gif007.gif007.gifへこむ002.gif002.gif002.gif




でも、まだ乗り番がある。気持ち切り替えなきゃ。
リハでうまくいかなかった最後の曲「ジプシーの歌」
絶対しくじるもんか。妙に強気047.gif
気持ちで負けなかったおかげで、成功。ほっ。
終了。



もともと、オケでの歌の伴奏が苦手な私。
準備不足を痛感した苦い経験の本番でした。


打ち上げで次回、第16回定期演奏会での乗り番がわかり、出演が決定しました。
11月です072.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-06-08 21:59

新潟県青海町在住のMさんからの依頼で
文化庁「学校への芸術家派遣事業」の公演申請が通り
糸魚川市立N小学校で演奏することになりました。

Mさんとは、過去3回ほど本番をご一緒したことがあり
本当に久しぶり。
新潟在住のソプラノ歌手で、地元でのオペラにたくさんご出演、活躍なさってる方です。


早くに楽譜を送っていただきながら、5月は毎週本番があって
なかなかさらえなかった私。
ピアノ譜は、弾けるものもあるけど、なかなか完璧にはいかない007.gif
とにかく、久しぶりにお会いするMさんにがっかりさせちゃいけない
ご迷惑をかけちゃいけない、必死でさらいました。


合わせで、再度確認をしつつ
(合わせの様子は choco-holic:体に悪い味参照)
練習あるのみ。本番を迎えました。



会場の糸魚川市N小学校は、インターから10分ほどのところ。
山間ののどかな場所でした。


ところどころにある「塩の道」っていう看板。
「塩の道」の意味がわからない私。
Mさんに聞いたら、「そっかー県外の人は知らないよね」って教えてくれました。


「塩の道」
日本列島交通の東西軸である旧東海道や旧中山道に対し、
南北軸の一つである「塩の道」は秋葉街道・信州街道及び
千国街道・松本街道などと称されています。
戦国時代、上杉謙信がこの道を経て、仇敵武田信玄に塩を送ったという 
「義塩」の有名な故事もこの「塩の道」に由来するものです。





時間ギリギリの私。
大慌てで、みなさんに手伝ってもらってハープ搬入。
リハ開始。Mさんと和やかに話しながら着替えてるうちに
あっという間に本番。



Mさんののびやかな歌声で1曲目が始まりました。
このN小学校は、全校生徒41名。
ほとんどの生徒さんの顔がばっちりわかりました。

Mさんの進行ですすみ、本当にMCが上手。
生徒さんたちがひきこまれている様子がよくわかります。
集中したいい空気。


3曲、ソプラノ&ハープ。その後、ハープソロ。
Mさんの上手なMCのあとの私のつたないMC。
実感した。新潟って方言がないの。ほぼ標準語。
私って、私って・・・。語尾は標準語だけど、イントネーションが富山弁だっ008.gif
直したいけど、直らない・・・。焦るけどどうしようもない。
演奏は・・・MCよりも、ましにできました。


ハープソロの後、再度ソプラノ&ハープの曲目。
日本の曲を中心に。最後は伴奏が難しいかの有名な「乾杯の歌」


リハーサルは、ボロボロだったけど、本番はばっちり決まってほっ。
この曲はずすと、本当に悲しいもん。


最後は質問コーナーもあり、最後は校歌をみんなで斉唱。
無事終了しました。

Mさんの歌声、本当にステキ053.gif
久しぶりの歌の伴奏は。つらい部分もあったけど、やっぱり本番は楽しかったです。
[PR]
by harpdiary | 2008-06-05 21:47 | 日記

昨年に引き続き、富山サクソフォン倶楽部の演奏会をお願いされました。
サクソフォンラージアンサンブル50名の中での演奏です。


4月のLポールウィンドアンサンブルに引き続き、
またしても「デュカス・魔法使いの弟子」今年2回め。


ゲーテの有名な韻文バラード「魔法使いの弟子」を、
アンリ・ブラツがフランス語に散文訳したものをプログラムとして、
序奏とコーダつきの交響的スケルツォ(=明朗・軽快で調子の速い曲)で
構成された曲です。


簡単なあらすじ

魔法使いの弟子は、先生がお出かけになるスキを見て、
先生と同じ魔法を自分で使ってみます。
呪文をとなえ・・・箒が動き出して水汲みを始めます。
次第に水量が増してきて、弟子は箒の動きを止めたいと思いますが、


しかし彼は、魔法を解く呪文を知りませんでした。
いろいろな方法をやってみましたが、みなどれもダメです。
弟子は慌て始めます。
そうだ、斧で真っ二つに割ってしまえばいいんだ、と弟子は考え、斧で箒を割ると、
箒は2つに割れ、動きを止めます。


ほっとしたのも束の間、割れた箒は、今度は2本で水を運び始めます。
今までの2倍のスピードで水汲みをされてしまい、家中水浸しの大洪水!
とうとう弟子は、大声で先生を呼びます。
するとファンファーレが鳴り響き、先生のご帰還が告げられます。
先生が呪文を唱えると、箒の動きはぴたっと止まります。




あらすじが的確なオーケストレーションで構成された曲です。
4月に続いて、2度目。
偶然なんだろうけど、流行ってるのかなあ?
譜読みする手間が省けるからいっか~001.gif


と思ったのが甘かった…
4月にやった吹奏楽版と曲の長さが一緒なのに、拍子が違う!

拍子が違うと数え方が違う〓休みを数え間違える〓弾くところを間違える。



うわーん!楽譜は弾けるのに、入れないという悲しい状態。
この4分3拍子と8分9拍子、8分の3拍子の違いに慣れるのが
とにかく大変でした008.gif




もう1曲はアンコール、川の流れのように。
そして、エルガーの威風堂々。
ハープのパート譜はなかったのですが、
オーケストラ譜のハープパート譜を移調してもらうことになりました。
昨年は1曲の乗り番だったけど、今年は3曲。
2週間前から週3の練習に参加して、本番を迎えました。



指揮は、I先生。
本番1週間前に練習にいらっしゃってて1年ぶりにお会いしました。
私の入りに、的確な合図を下さる先生。
拍子の違いに慣れず、落ちてしまった私007.gif
何回か練習を止めてしまうことも・・・はあ、ださい私。
本番までなんとか拍子の違いに慣れることが課題でした。



本番当日。
早めに入って個人練習。そして、リハなんとかこなし、本番。


乗り番は、威風堂々から。
この曲は、母校K高校の定期演奏会アンコールでおなじみの曲。
だんだん、盛り上がってくるうちに泣けるんだよねーと
冷静に思いながら演奏しました。
お約束の団員の一部メンバーが客席3Fから途中演奏する場面が
ちょうど私の入りと同時で時差が出ないか、少し心配でしたが
なんなくクリア。ほっ。


I先生のトークですすめられる3部。
リハで、ハープ楽器紹介の曲弾いてねと、リハで言われたので
少々ドキドキしてましたが、演奏会がのびてたらしく
まきまきトークの先生。私の出番はなくなりました049.gif


そして、魔法使いの弟子。
数え間違えることもなく、演奏の責任を無事果たしました。
アンコールの川の流れのように、2コーラス目からは
団員の方が、ヴォーカルに!会場和やかムードで終了しました。


来年は10周年を迎えるTサクソフォーン倶楽部。
来年も乗り番あるかも??と打ち上げで言われ・・・。
今年も無事終わってほっとしました。
[PR]
by harpdiary | 2008-06-01 22:58 | 日記