S幹社表彰式、祝賀会

司会のI先生から、表彰式と35周年祝賀会での演奏をお願いされました。
I先生は・・・フリーアナウンサーとして最初お会いしたのですが
書道家でもある2足のわらじを履きこなす大先生。
今回は先生が所属されている、書道の表彰式と祝賀会でした。


表彰式は、ハープソロ
祝賀会は、オカリナとハープによる演奏。



余裕を持って、出発したはずなのに・・・・。
時間ギリギリ。
慌ててセッティング、チューニング、I先生と進行の確認、
音響さんとマイクの確認してたら、音響さんが突然



 「川村先生」


ひえー!!!あなたは、どこの生徒ですか????




聞くと、S高吹奏楽部のOGちゃんでした。年とともに、あちこちに生徒がいる・・・。
そして、速攻で着替えて本番。


すごく静かな表彰式(当たり前か?)
黙々とBGM、楽しみながら演奏しました。
が・・・・・、
結構長時間、次から次と読み上げられる賞に受賞者のお名前、時間とともに疲れが・008.gif
うー限界かも???と、思って終わった曲の直後にBGMが!!
S高OGの音響さんが気を利かせてくれて、流してくれたのか???
はたまた、ちょうど終了だったのか????助かりました058.gif



表彰式の後、宴会場が倍の大きさになり、再度セッティング。
オカリナをお願いしたYさんも到着。
ちょっと早めに準備して、マイクチェックを兼ねたリハーサルを開始。
本番を待ちました。




お客さまは総勢300名をこえてるから、ご入場にも時間がかかり・・・・
着席後、舞台はライトアップ。すぐにはじまりました。





1曲目は、オカリナとハープのために書かれた月をテーマにしたオリジナル曲。
乾杯前ということもあり、静まり返った超静寂な空間。
演奏会と何回も錯覚するような静けさの中、響き渡る音色が気持ち良かった016.gif




Yさんがオカリナの説明を交え、ソロ。
Yさんは、曲の調の関係もあってか、オカリナを4つ持ってきていました、すごい!
私もハープの説明を交え、ソロ。
その後は、再度オカリナとハープによる演奏。
私達はステージ隅での演奏でした、何故なら、このメインイベントのため。




再度、オカリナとハープのソロが始まった瞬間、
紋付袴の大師匠先生が大きな筆を持って登場
どよめくお客さん005.gif
ステージ中央には、紙が準備してあり、書のデモンストレーションが始まりました。



会場の左右には、大きなスクリーン。
大師匠が書いてる筆さばきが会場の皆さんに見えるようになってました。
1、2曲目の間に字が完成。
3、4曲目の間に印が押され
最後の曲には、ばっちり、ステージ中央に吊り上げられ、後奏の終わりとぴったり。




まるで、時間を決めたのか?ウソみたいな完璧なタイミングで終了006.gif
真剣に演奏してたけど、この場を楽しんでしまいました。




演奏終了後、ご挨拶などがあり、ハープ撤収に来た頃には書は片付けられていました。
大師匠先生は、どんな字を書かれたんだろうか???
見れなくて残念。
静かな会場に澄みきったオカリナの音色が印象的な
書との出会いも貴重だった本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2008-08-30 22:37 | 日記

国民大集会INとやま

ピアノのM先生からのお誘いで
国民大集会INとやま~横田めぐみさんは生きている~
で演奏することになりました。



国民大集会
8月24日(日)午後、富山県の富山国際会議場において、
政府、富山県、富山県拉致議連、救う会富山による共催で
「一日も早く北朝鮮に拉致された日本人を救出する国民大集会in富山」が
開催され、約1,100人が参加しました。
政府共催の拉致問題広報・啓発行事の地方における開催は、今回が4回目になります。
(1回目は福島市(6月8日)、2回目は盛岡市(6月21日)、3回目は松山市(7月6日))




テレビのニュースで拉致問題について見ていて
何もしてあげられないなあって思っていたので、
このお話はとてもうれしかったです。



福島、盛岡、松山でおこなわれた国民大集会
必ず最後は、ふるさとを合唱するそうです。
(というのも、拉致された横田めぐみさんと曽我さんは、
毎日寝る前に「ふるさと」を歌ってたそうです。せつない007.gif



富山でも最後は、「ふるさと」の合唱が決まっており
福島、盛岡、松山では録音テープの伴奏だったらしく
富山の事務局長さんは
「富山はぜひ、生演奏で」ということでM先生、私にお声がかかりました。


この「国民大集会in富山」では、
○ 主催者からのあいさつ
  (濱谷隆平救う会富山会長代行、石井隆一富山県知事)
○ 来賓からのあいさつ
  (森雅志富山市長)
○ 講演
  (平沼赳夫拉致議連会長、藤野義昭救う会全国協議会会長)
○ 中山恭子拉致問題担当大臣による政府報告
○ 拉致被害者御家族からのメッセージ
○ 「特定失踪者」御家族の紹介
○ 「ふるさと」の合唱


朝からのリハーサルも県庁の方がおっかなく仕切ってたし
平沼さんや中山大臣などの来賓がいらっしゃったってことと
拉致問題という難しさからか、ステージ上にはSPが!!!
ちょっと物々しい感じでした。
ご家族による講演は、本当にせつなかったです。



ブログ ~choco-holicより~

ものすごい盛会でした。
825人収容会場は満員。しかもロビー、ホワイエの2スクリーン前もいっぱい。
これだけの人数で一杯になったのは、国際会議場オープン以来初めてだって。
パンフもなくなりました。座る場所がなくてロビーにはかなりの人が立っていました。
しかも、誰も帰る人がいない・・・。皆様の関心の強さがよくわかりました




控え室もぎゅうぎゅう・・・。うー、酸素が・・・。
ロビーにはお客さんがあふれてる・・・・。
待ち時間が少しつらかったです。


そして、いよいよ最後の合唱。
素早くハープを出して・・・・と思ってたけど、司会者のコメントはさっさと過ぎ
セッティング急がねば、やばい!など考える間もなく
すぐに始まりました。



画像サイズが大きくて貼れませんでした。
当日の様子は、こちら↓↓↓↓↓
http://www.rachi.go.jp/jp/archives/2008/0824toyama.html#top



ステージには、ハープ、ピアノ、合唱団、左から2番目の中山大臣の
頭の横にひそかにハープが見えるんですけど、わかりますか???



ここからは、必死。とにかく集中。
そして、あっというまのに3番目の歌詞になり、たくさんの拍手で終了。
閉会の言葉になり、あっというまに閉会。
M先生ともう1回「ふるさと」をお見送りで演奏しました。
数曲準備していましたが、マスコミの取材のため、私達の演奏は1曲で終了。



あっけなかった。



紅白歌合戦で佐藤sのぶの伴奏をした私の師匠が
「とにかく待ちが長くて、本番はあっという間なのよ」とおっしゃってた言葉を思い出しました。
待ちが辛いとかではなく、あっというまの本番でしたが
「ふるさと」の演奏時、会場はものすごい一体感につつまれた印象深い本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2008-08-20 22:01 | 日記

W保育園が30周年を迎えるにあたって記念の集いが催され
演奏を依頼されました。
リクエストにより、ヴァイオリンとのデュオです。
以前もご一緒したWさんにお願いしました。


演奏場面は、入場の際のウエルカム演奏とミニコンサート。
ウエルカム演奏前にリハを兼ねて、音出しをしていたのですが
早くいらっしゃるお客様がちらほら。
リハなのか。本番なのか・・・・。微妙なうちに本番が始まりました037.gif


足をケガしていた痛みもだいぶ収まったものの不安な私。
追い討ちかけるかのように、Wさんも体調崩していて、前日点滴をしたらしく・・・。
2人も本調子じゃないものの、ベストを尽くして臨みました。
(うーん、なんか体育会系な文章だなあ・・・)


多めに準備したウエルカムの曲もなんとか大丈夫。
ミニコンサートの時間は、お酒が入ってか、にぎやかな会場。
さくさくとこなしました。
プログラム最後の曲は、リクエストの「ふるさと」
指揮をしてくださる先生と打ち合わせしたに関わらず
少しタイミングが合わなかったけど、会場の皆さんと合唱しました。
2曲いただいたリクエストのもう一つの曲・・・・。



松山千春「季節の中で」


知らん!!知らないよぉ!!!!007.gif
楽譜を探しに行き、必死こいて検索。


ない!ないっ!!!どうしよう???
焦る私。
そして、ついに手にしたのが、ギターのタブ譜。
アコースティックギターの弾き語りの譜面。
ギターの楽譜は運指が書いてあるのでオタマジャクシはメロディーのみ。
とにかくメロディーがあれば!!!
何冊も探す、ミスチルやスピッツコブクロ・・・・。
最近のじゃなくて・・・・。と懐メロの特集をまた何冊も探し・・・。
1冊だけ出てた!!!「季節の中で」
オタマジャクシ譜じゃないけど、コードはあるし、なんとか伴奏考えよう。
助かった~043.gif


こうやって、見つけた「季節の中で」
どんな曲???と思ってメロディーを譜読み。
く・・・・暗い・・・・・・。
おめでたい席ではありえないような、暗い曲・・・。
いいんかい???こんなんで。

最後に演奏してくださいとお願いされたので演奏していたら
MCで
「初代の園長先生が大好きな曲で、運動会の片付けの際流れていた曲です。
みなさん、懐かしいですね」

などとコメントされていました。

そのあと、写真撮影が始まり、えんえんと「季節の中で」演奏しました。
あまりの長さに、Wさんは体力限界、具合が悪そうなので
途中ソロになったりなどして、リピート演奏しました。


無事終了。ほっ。
「お久しぶり~」と声をかけてくださった方・・・。


うーん、どなただっけ????とぼーとしてたら
「あらー、山室のミスタードーナツでよくお会いしたじゃない!!!」



あー!!!そうだ!
楽譜の受け渡しでK氏とよく山室のミスドに行ってたときのミスドの方!!!
ミスドに名刺入れを忘れたことがあってから、いろいろお話するように
なった方でした、数年ぶり。
最近見ないよねーってこの方についてK氏と話してたところ。



「私、ずいぶん前にここで保育師だったのよ、今はミスドじゃなくて
地区センターにいるので、また演奏に来てね」



ものすごい偶然にびっくり!!005.gif世の中せまいね~



保育園の記念の集いということもあり
保育師さんがたっくさん。お兄ちゃん保育師さんも多かった。
うちの近所、ひなちん(姪)が通う保育所にもお兄ちゃん保育師さんが多い。昔とは違うなあ。


「季節の中で、演奏してもらって、嬉しかったです」と声をかけられました
印象的な本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2008-08-03 20:06 | 日記