母校のT京音楽大学。校友会は簡単に言えば卒業生の会です。
各県に支部があるといいたいところですが、約40都道府県にあります。
富山県支部は、今年20周年。
ということで、通常のコンサートではなく
規模を大きくしたもの、会員たっての希望となり、
県内のアマチュアオーケストラと協奏曲のコンサートを開催することになりました。



どこのオーケストラにお願いするか?となったときに
定期的な演奏会、練習をきちんとしているオケ、
よくエキストラのお仕事をいただいていることもあり

富山シティフィルハーモニー管弦楽団;HP
にお願いすることになりました040.gif

指揮者は、校友会本部にお願いして大学から坂本先生を
派遣していただきました。

校友会富山県支部会員有志がソリスト。
曲目は


ビゼー 歌劇「カルメン」より 前奏曲、子供の行進、ハバネラ、セギディーリア
マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
プッチーニ 歌劇「ジャンニ・スキッキ」より 私のお父さん
プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」より 氷のような姫君の心も
オー・ホーリー・ナイト(西尾尚美編)
モーツァルト ピアノ協奏曲第10番
プロコフィエフ ピアノ協奏曲第1番




これ、私以外の曲目です。
これらのことが決定したのは、本番の約1年前。
曲を決めるのは、自分の意思。
選曲するにあたって、最もポピュラーなのが、ヘンデル ハープ協奏曲。
これは、数年前に演奏したこともある曲。


富山シティフィルは、フル編成のオーケストラということもあり
無謀にも選んだのが


ハープと管弦楽のための小協奏曲 作品39


ピエルネはソロの曲もとてもキレイ。さほど、難しくないでしょ??



と、思ったのが、甘かった002.gif




譜読みがすすまない・・・・。
いつまでたっても、音が全然頭に入らない・・・・025.gif


042.gif042.gif042.gif うっきゃー!008.gif008.gif008.gif




そうこうしているうちに、ガンガンはいってくる仕事。
5、6月、本番15回・・・。
目の前の本番の譜読みに、いっぱいいっぱい002.gif



きちんと、練習できたのが7月から。
あぁ・・・なんて恐ろしい。
でも、8月半ばには、オケ合わせが始まる。暗譜したいし、弾きこみたい。
なのに・・・・
吹奏楽のレッスン、管弦楽部のレッスン・・・・・。
時間が・・・・時間がたりない・・・・。





初めてのオケ合わせでは、後ろから聞えてくるオケの音で
頭真っ白。


いつも慣れてるオケのはずなのに・・・・・・007.gif
とにかく、アガリまくり、びびりまくり。
ヤバス、ヤバス!!!



そして、容赦なく入る仕事。
断ればいいんだろうけど、働かなきゃ生きていけない。
誰も私にお小遣いはくれないのだ。
東京にレッスンも行かなきゃ、





027.gif027.gif 必死、必死の数ヶ月。027.gif027.gif 





本番指揮者の坂本先生の合わせの日も、朝本番があり
夕方には、指へろへろ。
悲しく悔しい思いもしました。



本番前日リハの朝も本番があり、夕方にはボロボロ。
当日は、かなり背水の陣。



その気合が・・・・。



リハで、ありえないくらい素晴らしい演奏056.gifをしてしまった・・・。




008.gif008.gif008.gif
うっきゃー!!!
ヤバス!ヤバス!!!008.gif008.gif008.gif


リハでこんないい演奏をしてしまった・・・。
本番これ以上の演奏するなんて、無理っす。



そして、迎えた本番。
意味なくテンション高く、ヘラヘラ笑顔でステージにあがった。


そして、集中して臨んだ。
なんとしても、1楽章のソロ部分は、ノーミスでいきたい。




なんとかのりきった瞬間、



緊張の糸が切れた。ゆるみまくり。
リハの素晴らしい演奏は、どこへやら007.gif



どこまで、ぐじゃぐじゃになる?私。
途中のオケ伴奏で笑えてきた041.gif笑う余裕なんてないくせに。


それが、3楽章で顕著に表れ007.gif





はあぁぁぁぁあぁー



泣きたいよ。
でもね、最後まで頑張らなきゃ。



最後のトレモロも指がもつれてたなあ。



こうして、最後までなんとかたどりついたのでした。
本番で最高の演奏をする難しさをこの本番で再認識。



でも、いろんな方から、お褒めのお言葉いただきました。
うーん。
きっとね、ピエルネの曲が素晴らしいんだよ。


本番は、いい演奏じゃなかったけど
リハで、この曲をあそこまで完成度高く仕上げられたっていう
達成感は十分でした。

言い訳か???

またがんばりまっす。
[PR]
by harpdiary | 2008-10-26 23:37 | 日記

先週に引き続きW保育所での演奏です。
前日の大雨とは違って、すっきりとした青空。
ハープ運搬の心配もなく、気持ちのいい日でした。

3週にわたるこの本番は、同じW保育所でも
聞いて下さる保護者の皆様、園児さんは毎週違います。


曲目を変えようか考えましたが、
1回目の演奏曲目は自分なりに考えたベストだったので、
変更なしにしました。


先週は、ステージのライトにやられっぱなしで、
意味なく緊張していたので、
始まる前のセッティングとチューニングの際に、念入りにライトの角度を確認。


臨んだ本番。演奏の出来はかなり良く、トークもスムーズ。
先週に引き続き、お馴染みのアニメ曲では、園児の大合唱。
とても和やかに終了しました。

2週連続で来て下さった保護者会の会長さんにも「よかった」と
言っていただきほっとしました042.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-10-25 21:15 | 日記

アトラクション演奏

砺波Rホテルの方からアトラクション演奏を依頼されました。
某会社の創立記念のパーティーでのアトラクション演奏でした。
電話で入りの時間等を確認したはずが、当日。



008.gif008.gif008.gif 勘違い 008.gif008.gif008.gif



1時間間違えて、到着。
やばい!!パーティーが始まる!!!
私の焦りとは関係なく、ホテルの方は冷静に私の勘違いの対処をしてくださり・・・・。





はあああ。
もう、アルツハイマーやばいですわ。



深く深く反省。



演奏の方は、これ以上ご迷惑にならないよう
ものすごい集中力で、演奏しました。
最初は、少し説明なども入れつつ、途中はBGMで演奏。
そして、送賓も演奏。



時間を守るってことが、自分の仕事の中で、いかに大切かを実感した本番でした。
もう、こんな思いはコリゴリです。
[PR]
by harpdiary | 2008-10-24 22:16 | 日記

W保育園から保護者参観日での演奏をお願いされました。
時々、このような保護者参観での演奏依頼があるのですが
今回大きく違うのは、
この保育園、とても園児が多く参観日を3週に分けて行ってるとのこと。
というわけで、3週連続で演奏に行くことになりました。


60分のプログラムは、前半は保護者のみということで大人向けな曲目。
後半は園児さんが合流で、園児向けなものという
2部形式の曲目を組みました。


初回ということもあり、やや緊張気味な私。
演奏するお遊戯室は、小さいながらもきちんとしたステージで
ライトもばっちり。


このライトが・・・・。
ライトのせいにしちゃいけないんだけど。
角度が微妙で、やたら目に入り、なんか落ち着かない。
意味なく焦らされ・・・。
あまりいい出来の演奏ではなかったです007.gif


ただ、聞いてくださってる保護者の方は、とても静かに聞いてくださいました。
質問があったりと、興味もそこそこ持ってもらえたよう。ほっ。


園児さんが入ってからの曲目は、
「まつぼっくり」や「とんぼのめがね」などおなじみの秋の曲は
元気に歌ってもらい、
彼らが大好きな夕方放映のアニメ曲を演奏しました。


来週こそは!!!!
と、リベンジを決意した本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2008-10-18 23:37 | 日記

10月17日の本番です。
UPする順番を間違えました002.gif


S養護学校の創立記念30周年記念式典に
とやまRディースオーケトラのメンバーとして、参加しました。


d0105922_22574292.jpg



とにかく久しぶり。
この演奏後記でとやまRディースオーケトラのことを書くのは
初めてな気がする・・・・。

とやまRディースオーケトラは
プロ・アマ問わず音楽愛好家で、女性だけで構成されたオーケストラです。
自主公演はほとんどなく、依頼演奏が中心です。
年に数回の本番をこなします。
室内オケ構成な規模なので、最近はハープの出番が少なく
すっかりご無沙汰でした。


当日は快晴058.gif
なのに・・・・、時間ギリギリ。焦る、焦る。
本番には、問題なかったので、なんとかほっ。
と、する間もなく・・・。


オケ主宰のO先生。
「あやのちゃん、レハールの曲目解説してね」



うげげげげげ。
MC慣れているとはいえ、違う緊張が・・・・・。
しかも、レハールは1曲目。先月、県民芸術祭で演奏したときと同じ曲。
そのときの演奏後記はコチラ



レハール/ワルツ「金と銀」
ハンガリー生まれの作曲家で、多くのウィーン風オペレッタを書いています。
シュトラウス・ファミリー以外のワルツの中では,最も有名な曲でしょう。




今度こそ、カデンツばっちり弾きたい!
式典の後、本番が始まりました。
O先生の挨拶後、マイクを渡され、一生懸命に話しますが
ざわつく会場、うわーん。
早々にMCをきりあげ、演奏にうつりました。


レハールのカデンツ無事終了。ほっ042.gif
その後の曲目はハープのパート譜がないため
コントラバスパートを弾いていました。
2曲目のパイレーツ・オブ・カリビアンの変拍子は結構ドキドキもの。
映画の曲は変化に富んでて結構楽しかったです。

おなじみの日本の秋の曲やアニメ曲など
生徒さんから手拍子をいただき、校歌を元気に歌ってもらって
温かい雰囲気で終了しました。
[PR]
by harpdiary | 2008-10-17 23:59 | 日記



M交響楽団@松本 翌日。


小矢部9時入り。




悪夢のようなスケジュール。





そんなこと言っちゃいかーん!
ここで寝坊すると、私の信頼が崩れる・・・・
を合言葉に必死で起きて間に合いました。
っていうか、前日リハーサルに参加できず、本番に臨みました。


O矢部吹奏楽団第15回定期演奏会。
Tサクソフォーンアンサンブルでお世話になっているMさん、
実はO矢部吹奏楽団の団長さんという流れで、今回のお話をいただきました。
前日不参加にも関わらず、お願いしてくださいました。すみません。


今回の乗り番は


ジョンウィリアムズ レイダースマーチ
ビゼー        アルルの女 第2組曲
サザンオールスターズメドレー




プログラム解説より

ジョンウィリアムズ レイダースマーチ
1981年公開の映画インディジョーンズの記念すべき第1作。
「レイダース 失われたアーク」で使われた曲でインディジョーンズといえば、
この曲を連想される方も多いはず


ビゼー        アルルの女 第2組曲

ビゼーの代表曲であり、
パストラール、間奏曲、メヌエット、ファランドールの4曲で構成されている。


サザンオールスターズメドレー1
978年デビュー以来、30年の間日本のポップミュージックの第一線を走り続けてきた
サザンオールスターズ・・・。




クラシックステージが、Tサクソフォーンアンサンブルの演奏会で
おなじみのI先生が指揮。
ポピュラーステージが団員の方による指揮でした。



レイダースマーチは、ほとんどグリッサンドばかりなんだけど、
ジョン・ウィリアムスのグリッサンドは、すごく書き方が上手と言うか
ものすごく効果的。
ただ。数えるのが多くて(それが仕事だったりする)、大変。
ペダルも多かった。



ビゼー・・・・。
今年2回目の本番。
ハーピストとして、絶対逃げられない曲。
っていうか、人生で何回この曲本番やってるかなあ??
いつか数えてみようと思う位。
吹奏楽版は、トゥッティで音がかき消される。しようがないんだけど。



サザンメドレー。
うーん、なくていいじゃん、ハープパートって感じ。
完全なオプションやった。



それぞれの曲に、さまざまな事情を抱え。
演奏に不安はないけど、昨日の疲れが影響しないかっていう
心配がありました。



でも、久々に会った0さんとは、超和やかにお話したりと
スキマ時間にリラックスした時間を過ごしました037.gif


チューニングを済ませ、本番。
1部。緊張が走る。クラシックステージ。
レイダースマーチは、
リハで数え間違えたりしてたので、本番うまくいってほっ。
ビゼーは、ほぼ順調。
フルートとのどソロ。特に問題なくすすみ、トゥッティに。
再現部がきて、一番最後。
再度フルートと2人ぼっち。ふふふ、順調!!



と思ったのが甘かった。
最後2小節、微妙に指がもつれ




うげげげげ。がーん。




なんとも後味の悪い、カッコ悪くなっちゃったよぉ007.gif
最後まで油断しちゃいけない。とほほ。




2部は、全員オヤベスト(OYABEST!!)のロゴが入ったTシャツで演奏。
貸していただき、着替えました。
劇仕立ての設定になってて、曲順も選曲も劇の設定に沿ったもの。
すごく凝ったステージでした。
サザンメドレーは最後。
必死で数え、まったく聞えないハープの音だけど。あたしのせいじゃないよ
楽譜のせいだよぉ。と思いつつ演奏してました(笑)
ピアノのOさん、J吹奏楽団で知り合った方なんだけど
ソロが・・いつも違うアドリブで、楽しかった~



アンコールには、団員の方が扮した羞恥心登場。
ものすごく、会場は盛り上がってました!


OYABEST!!Tシャツの私、羞恥心に扮した団員の方々と。

d0105922_23362493.jpg


打ち上げも和やか068.gifで、松本帰りの翌日の本番を何とか
終えて本当にほっとした本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2008-10-12 23:01 | 日記



J交響楽団のコンサートマスターを務める大学のS先輩から

「長野のM交響楽団のコンサートマスターをやっているんだけど
今度、白鳥の湖をやるからのってくれない??」
とお願いされました。




長野のM交響楽団は、松本市にある社会人のオーケストラ。
松本・・・。遠いよぉ。
(この日の様子は、コチラ




白鳥の湖、去年J交響楽団でやったよね~など思いながら
楽譜を見たら・・・。



違う・・・。
去年やったのは、同じチャイコフスキーでも眠りの森の美女だった・・・。
私のアルツは確実に進んでます。
この話を、某富山Sフィルのメンバーに言ったら
どの人も心底あきれていました。
はい、おバカさんです045.gif


Wikipediaより
『白鳥の湖』(はくちょうのみずうみ)は
チャイコフスキーによって作曲されたバレエ音楽である。
「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」と共に3大バレエと言われる。



なーんだ!私が間違えるのも無理ないじゃん041.gif(完全、言い訳)



ちなみに演奏曲は

情景(第2幕第1曲〓第2幕最終曲)
ワルツ(第1幕第2曲)
白鳥の踊り(第2幕第4曲のⅣ)
情景(第2幕第4曲のⅤ)
チャールダーシュ(第3幕第6曲)
スペインの踊り(第3幕第7曲)
ナポリの踊り(第3幕第8曲)
マズルカ(第3幕第9曲)
ワルツ(第3幕3曲め)




大学の授業でもやったし、本番も何回かやったけど。
恐怖のカデンツ久しぶり。
数年前の書きこんだ指使い。
あの頃の私は、左の指があまり動かないから、すごくややこしい。
あれから数年。
毎日指を動かしてるし、今はピエルネの協奏曲もさらってるもん!
すいすい動く私の指。
こんなややこしい指使いにしなくても、動く左手。
まさに「継続は力なり」だねぇ。
この年になって、成長してるってすごく嬉しい053.gif



でもね、このカデンツ甘くないのだ。
成功確率が100になるべく徹底練習。
ピエルネは1週間お預け。必死でさらいました。
しかも、ソロの部分だけじゃない!!
ソロの後、ヴァイオリンのソロと2人ぼっち状態になるんだよねぇ。




うげげげげ。
私の楽譜、オリジナル譜の最後数小節、違う版の楽譜が貼ってある・・・。
いかーん!!!今回はオリジナルだよ!
前日に気づき(もっと早く気づけよ)
製本しなおし。とにかく慌しく長野に向かいました。



前日練習は、本番会場と同じホール。
初めて来たH-モーニーホールは、すごく響きのいいホールで木の造り、
気持ちいいホール。


指揮は長野市出身の作曲家でもあるM先生。
初めての指揮者との練習は、超ドキドキですが
M先生は、すごくテンポキープで堅実な作品解釈をされる先生でした。
ゆっくりの部分もきちんとゆっくりで丁寧。
変な日本語でしょ??
でもゆっくりの曲をきちんとゆっくり振ってくれる指揮者は少ないので
いい先生でした。


それにしても。
カデンツ、まじびびる002.gif。本当に、どソロだもん。
しかも、ソロ部分からヴァイオリンのソロの間までの譜めくりに失敗。
オケを止めてしまった。
踏めくりができるようにペダルのチェンジ部分を急いで変更。
めくりもぎりぎりじゃなく、かなり前に変更。


カデンツ、こけてる場合じゃないよ。
あたしゃ、何のために呼ばれてるんじゃい??
いかん、しっかりプロの仕事しなきゃだよ。


気を引き締めて、翌日の本番に臨みました。





が・・・・。翌日午前中オフで行った松本城。
偶然やっていた、そば祭りを満喫してしまい、疲れたままリハへ。
リハはなんとか、こなしたものの。本番まで絶対もたない。
楽屋は人で一杯だし・・・。




必殺・車で仮眠014.gif




眠れる大きさの車だけど、初めて寝ちゃったよ。
30分寝ただけで、体も気持ちもすっきり!
あっというまに開場、チューニング開始。
そして、本番。



緊張していた私。
冒頭の16分音符をこける。気合が空回り。
でも、ここ最近の私は、ひきづらないのだ!
気持ち変えて、カデンツに臨みたいけど、間のワルツめっちゃ長いんだわ。
そして、始まった3曲目。



とにかく、集中した。
集中していたからか、心は無。
必死に指を動かす、回る指。
大きなミスなく、カデンツ終了、変更したペダルも譜めくりも大丈夫だった。
そのまま続くヴァイオリンのソロの部分も静かでびびるけど
丁寧に音を出すことを心がけました。



終了。
冒頭は残念だったけど。カデンツは満足。
そして、延々と続く降り番の曲。
ほうほう。こんな曲だよねーなど、聞きながら待ちました。


後半は、ベートヴェンの交響曲第7番。
のだめで有名になったやつね。
白鳥の湖が終わったからって、終わったわけじゃない。
アンコールがあるの。
しかも、


花のワルツ。


はい、これもカデンツ。どんだけー。
ベートーヴェン終了後、再度ステージへ。
これも、ひたすら指を動かす曲。いい感じで音階上りましたが
いい気になって、最後少し急ぎすぎて、指が回らず墓穴を掘ったかな。
でも大きなミスなく、最後に指揮者が立たせてくれて
お客様から温かい拍手をいただきました。


M交響楽団では、Sノーレ長野のKさん、T大生だったT君
J交響楽団、Sノーレ長野で一緒なY君などちょびっと知ってる人もいて。
なんとか、プロの役割を果たせて、ほっとした本番でした042.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-10-11 23:59 | 日記

S麗展 金沢 2日間

9月に続き場所を金沢に移って、再度宝石展イベント「S麗展」に出演しました。



富山と同じくヴァイオリンのWさんにお願いして、ヴァイオリンとハープでのBGM演奏。
富山と大きく違うのは、演奏する場所が会場のどまんなか。
四方八方から、お客さんに囲まれ・・・・。
やりにくい・・・・。


というのも、束の間。
1日4回粛々と、こなすステージで慣れちゃいました041.gif


イベントのMCの方も富山とは違う方で、TューリップテレビのアナウンサーだったYさん。
「よく拝見していました」などとお話しました。
テレビの人って、実際会うと本当に細くってうらやましい・・・。




金沢会場は、ホテルk沢。
以前は、ホリデイインだったホテルがリニューアルオープンされたところ。
この会場は、金沢駅前ということもあり、Fォーラスも近く。



空き時間は、フォーラスをうろうろ。
本番時間にめがけて戻って、気を入れ直して演奏。


BGMは、体力勝負ということもあり、ホテルN航の鉄板ステーキランチを食べ
その後のデザート食べ放題もしっかり食べ・・・・




当然おなかいっぱい037.gif




その日の演奏の合間は2人で
「おいしかったねぇ~おなかいっぱい053.gif」を連発。
おかげで、体力勝負の2日間を乗り切れました。



演奏後記って名ばかりなブログですんません040.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-10-05 23:19 | 日記

4月に引き続き、Gビュー森のミニコンサートに出演しました。
(4月のコンサート様子はコチラ


この時期は、立山室堂の紅葉が始まってる頃。
すごく暑い日でしたが、到着したGビューは、やはり肌寒かったです。




今回もハープソロで演奏しました。
選曲を悩みましたが・・・・。4月に演奏した曲に秋の曲を少し加えました。
時間になった会場、ロビーは・・・。




がーん。お客さんが少ない002.gif5分おしで、開始。
1曲弾いて、客席を見ると・・・・空いてたはずの椅子が埋まってて、ほっ。
お客さんいっぱいになりました。

d0105922_23174234.jpg

↑↑↑Gビューの方が送って下さった画像です♪


ハープの説明や曲の説明を交え、すすめました。
この日は、秋の定番、赤とんぼ変奏曲を久々にびびりながら演奏しました。
アンコールもいただいて、無事終了。


帰りにお風呂をすすめられ(この時の様子は、コチラ
上機嫌で帰宅につきました。016.gif
[PR]
by harpdiary | 2008-10-04 22:56 | 日記