昨年に引き続き、Lポールウィンドアンサンブル定期演奏会に出演しました。



今回の曲目は



M・アーノルド 第6の幸福をもたらす宿
1958年に製作された同盟のハリウッド映画の劇中音楽。
3曲で構成されている。


A・リード    トランペットと吹奏楽のための協奏曲より
台湾のトランペット奏者による委嘱作品。
トランペット奏者が3つの楽器を持ち替え
(トラbンペット、コルネット、フリューゲルホルン)協奏曲でありながら
ソナタ、スロウブルース、ジャズワルツ、ソング、サンバという5楽章形式。


ワーグナー  楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」セレクション
オリジナル曲は前編で4時間30分。前奏曲は9分程。
今回の吹奏楽版は、前奏曲には組みこまれてない楽劇の魅力的な旋律が
盛り込まれています。





第6の幸福をもたらす宿は、以前演奏したことがあって、思い出せばなんとかなる。
マイスタージンガーはオケ版はすごく演奏してるけど、吹奏楽版は初めて。
テクニック的に大変な部分はないから、ひたすら数えるのみ。
厄介だったのは、トランペット協奏曲007.gif



トランペットソロが、地元出身のTさん。東京都交響楽団の主席奏者です。
Tさんとの合わせが、3月にあり
はぴねすコンサートでいっぱいいっぱいな私は軽く譜読みして練習に行き
全然弾けてなくって、謝り倒す040.gifっていう最低なことをしたのでした。


6連符がね、悪夢002.gif
えんえんと続く。指がはめにくい。一筋縄ではいかないのだ046.gif
とにかく、毎日メトロノームでさらう日々。
四分音符=35から。弾けるようになったら、3ずつ上げる。
超超地道な練習。必死でさらいました。



そう、このトランペット協奏曲、日本の初演が今回のソリストTさんなんだって。
リードの指揮で何度も演奏されてるそうです、スゴイ038.gif
今回は、抜粋でスロウブルース、ソング、サンバ。



他の本番で、練習日になかなか参加できず。
本番3日前の全曲リハーサル。ソリストはいないけど、なんとかなって、ほっ。
本番を迎えました。



本番は、私の乗り番、降り番が変わりばんこ。5曲ずっと舞台にいることに。
降り番の曲はひたすらお地蔵さんのようにじーっとして待ちました。





「第6の幸福をもたらす宿」は、リハーサルでうまくいかなかったところが
なんとかなった。2曲目のソロ、ちょっとびびったけど、大丈夫。


そして、問題のトランペット協奏曲。集中しなきゃ。
スロウブルースは、ハープパートはパーカッションのように効果的に作られてる。
和音もペダルが多くてね、目立つから恐いなあ。
その恐さが、裏目に出て、なんかびびった音色。あぁ・・・反省。




反省する余裕もなく、ソング。悪夢の6連符。
これは気合しかない066.gif
始まった。
あぁ・・・速いなあこのテンポ。でもね、気持ちで負けると絶対落ちる。
とにかくついていく。何があろうと、落ちるもんか(なぜかケンカ腰047.gif




一瞬、ふっとついて行けなくなりそうになり、でも絶対落ちないって
信じて、弾き続け、最後まで辿りつきました。
よかった~なんとかついていけた042.gif




しんどいトランペット協奏曲が終わり、
マイスタージンガーは、楽しみながら弾こうって思うけど、油断禁物028.gif
休みの小節数を数え間違えると、終わりなんだなあ。
慎重に慎重、そして緊張。
数え間違えもなく、無事終了。



とにかく、このトランペット協奏曲は、稀にみる難しさで
しかもあまり聞えなくて、報われない。
でも、とても勉強になりました。指の練習としては、最強の教材かも???
Tさんのソロは、素晴らしかったし、とてもいい機会を与えてもらったなあ。
まだまだ精進せねばって痛感した本番でした045.gif
[PR]
by harpdiary | 2009-04-29 22:10 | 日記

アトラクション演奏

フルートのYちゃんからを通じての依頼です。
フルートとハープのデュオでアトラクション演奏をお願いされました。



会場は、Aクラウンホテルの最上階。中華料理のフロア借し切りの会場。
夕方に会場入りしたときは、陽が高くて立山連邦がすっきり見えて
陽が落ちてからは、夜景がキレイ016.gif
仕事を忘れてしまいそうなシチュエーションでした。






軽く音だし後、着替え、スタンバイ。
ウエルカム演奏、スタート060.gif




そして、1回はけて、再度。
今度はミニコンサート。YちゃんのMCですすめられました。
会場のお客様は、とても静かで、少々緊張しましたが、気持ちよく演奏できました。
予定の時間より、オーバーして演奏してしまったらしく、主催者さんから、
丁寧に御礼を言われました。
オーバーして、進行に迷惑かけなくてよかった042.gif





そして、休憩後BGM演奏。
さっきとは、うってかわり賑やかな会場。
さくさくと曲目をこなし、終了。





控室に戻る途中、会場のお客様が声をかけてくださって
しばし、談笑。
いろいろお話しましたが、印象に残る一言。




 「人間、笑顔が大事なんだよ」 



ありがたいお言葉が身にしみました。
ご好評をいただき、次回のお仕事もらえて、うれしく思えた本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2009-04-27 23:26 | 日記

アトラクション演奏

富山Sティフィルでお世話になってるSさんから、依頼を受けました。
Sさんが常務を務める会社が新事業開拓、新規会社を起業するにあたり
祝賀会が行われる際での演奏です。


Sさんの会社では、過去2回演奏してる私。
その際、フルートとハープでの演奏でした。
せっかく聞いていただくなら、今回は、違う組み合わせ
ヴァイオリンとハープでの演奏をすることにしました。



会場は富山Dビル。富山県では、1番古い由緒ある会場ともいわれてます。
会場に楽器搬入。その際、びっくり005.gif
会場には



レタスがいっぱい



無農薬野菜栽培を新規事業として、起業されたとの事。
社員さんが、ひっきりなしに、レタスに霧吹き。
緑にあふれた会場でした。



まもなく、ヴァイオリンのWさんが会場到着。
司会者は、偶然にも以前宝石のイベント(そのときの様子はコチラ)で
MCを務めていた元TーリップTVのアナウンサーのYさん。


「あのときの3人ですね」などと、偶然にびっくりでした。


音だし確認して、着替え、スタンバイ。


本番開始。ウエルカム演奏060.gif



あっというまに終わってしまいました。
この後は、乾杯後の演奏ですが、祝辞を聞きながら待ちました。
祝辞のそうそうたる来賓の方々といったら・・・。


市長、銀行頭取、電力会社会長・・・厚生省の役人・・・。



そして、祝辞を聞いて知ったことでしたが
この会社は、


石川、富山初の完全閉鎖型植物工場で無農薬、高品質な野菜を作る会社。
人口光、培養液を利用、病害虫を完全シャットアウトできるので、無農薬栽培が実現。





すごいわ038.gif世の中って、日々進歩。
なんか時代の一歩先を歩いてる事業なんだなあ045.gif
など、ぼんやり思いながら待ちました。


そして、乾杯。演奏スタート。


1曲終了後、再度祝辞が始まり、会社起業に至るスライド上映。
無農薬野菜栽培の大変さについて、かなりお勉強させてもらいました。



再度演奏スタート。
Wさんのヴァイオリンの音色は、本当にステキ。
Wさんの音色を邪魔しないように、一生懸命演奏しました。


MCのYさんから、演奏のばしの合図があり、少し長めの演奏でしたが
順調にすすみ、あっという間に終わりました。



帰りに、おみやで色鮮やかなレタスをいただきました。
夕食に食べましたが、シャキシャキ感が違う、味がある。
東京のレストランで出されるサラダだっ!おいしい016.gif


この野菜は、一般のスーパーでは卸されなくて、都会のレストランで卸されるとのこと





超レアなレタスをいただきながら、野菜栽培の技術革新を感じながら、しみじみ。
このような祝賀会でのお仕事をいただけて、うれしかったです。
[PR]
by harpdiary | 2009-04-22 22:02 | 日記


チャリティコンサート・音楽物語「窓ぎわのトットちゃん」に出演しました。


「窓ぎわのトットちゃん」について
Wikipediaより

自由が丘にかつて存在し、著者の黒柳徹子が通学したトモエ学園が舞台。
ユニークな小学生生活やそれを許容した自由な校風の小学校を描き、
日本国内で750万部を越える戦後最大のベストセラーとなった。
一般書籍の部数記録としては現在も破られていない(2009年現在)。

内容は完全なノンフィクションであり、トモエ学園に於けるユニークな教育方法
(リトミック、電車を利用した教室など)や、校長である小林宗作の人柄、
黒柳徹子自身の小学生時代が描かれている。黒柳の級友も全員実名で登場し、
初恋の人として、同級生であった物理学者の山内泰二も登場する。
黒柳徹子の語りとオーケストラによる音楽物語『窓ぎわのトットちゃん』も作られた




この音楽物語「窓ぎわのトットちゃん」を演奏するのは

2006年1月7日富山S民プラザ
2007年1月6日金沢B教会館(その時の様子はコチラ



に引き続き、3回目。3回ともピアノのO先生の依頼です。
今回は、会場も大きくなり、なんとK際会議場!


オリジナルは、オーケストラ版ですが、3回とも木管・金管アンサンブルを中心に
打楽器、ヴァイオリン、ハープ、シンセサイザーが3台のアレンジです。
メンバーは、K高校音楽コース卒業生を中心としたメンバーでs
約半分が3回とも同じメンバーでした。


トットちゃんの前に2曲。


ライオンキングからメドレー
サウンドオブミュージックよりメドレー


そして、トットちゃんは組曲っぽい感じ。


1.窓ぎわのトットちゃん
2.退学理由
3.新しい学校は電車の学校
4.校長先生
5.授業方法は自由
6.ボロ学校
7.友達の紹介
8.お弁当
9.プール
10.大冒険
11.畠の先生
12.肝試し
13.白鳥の湖
14.電車が来る
15.運動会
16.さよなら さよなら 
17.エンディング・テーマ




この1曲、1曲の間に朗読が入ります。
朗読だけではなく、チンドンやさん、バレエも入ります。
そう、意外に長いのです。


会場でのリハーサルは、当日のみ。
通すだけの軽いリハーサルでしたが、朝早いし、血糖値低いのかなあ?
なんか、だるい002.gif


休憩中にO先生が


「わかばのたいやき、持ってきたわよ」



狂喜乱舞する私とRちゃん024.gif
朝早いリハーサルに不機嫌モードだったのに、たいやきパワーで
やる気モードに早変わり。
人間って、おなかがすくと、さもしい気分になっていくのね・・・045.gif


こうして、リハーサルを乗りきりました。
昼食時、O先生に
「だんだん会場が大きくなってきましたよね、次はOーバードホール??」
って、談笑。
楽屋でもRちゃん、私、N先輩、マシンガントーク炸裂でしたが
他出演者は、静か。
よくよく考えてみると、みんな本番テンション作ってたのかなあ??
おもいっきり、おジャマ虫だっただろうなあ・・・





本番。ここから超気合。


ライオンキングは、降り番。
その後、司会者から楽器担当と個人名を紹介され、各パート1曲ずつ演奏。
私は・・・・・。


花のワルツのカデンツ、最後部分。


少々ビビリましたが最後の部分なので、特にこけることもなく終了。
そして、サウンドオブミュージック。
ちょっと、ソロの部分ではずしました、とほほ007.gif



続けてトットちゃん。お客さんちょっと大変だよね。
とかく、集中。
練習通りにできればいいのだっ!

全曲乗り番ではないのですが、1曲1曲が短いので気を抜けない。
何よりもヤバイのが。


070.gifバレエ070.gif


バレエが入ってくると、つい目を奪われてしまい
030.gif休みの小節数をうっかり数え間違えそうになったりしてしまう。
気をとられちゃうんだなあ028.gif
(人のせいにしちゃいけないけど、RちゃんもN先輩も言ってた)





ちんどんやさんは、過去2回とは全然違う衣裳で、出てきた瞬間
お客さんお喜び053.gif
最後も、大サービスの芸をしていきました。


アレンジ版だけあって、本当によく聞えるハープの音。
「授業方法は自由」って曲。
最初から最後まで、Dの音が40回位、頭打ち。
ここ落ちると、この曲の1拍目がなくなっちゃうんだよね、責任重大045.gif
他の曲も、とにかく気を張りました。


白鳥の湖も結構重要で。従来のチャイコフスキーの有名な旋律がね
ほとんど、ソロ。
過去2回とってもヴァイオリンのソロ伴奏に苦労したけど
5ヶ月前にオーケストラで、本番をやったせいか、全然平気でした。
それとも、3回目だからかな??



曲は、順調に進み。




うー。おしり痛い007.gif
これって、ダイエットがうまくいってて、おしりの肉が落ちたのかなあ??
かつてない、激痛に耐え、無事終了。
(註:痔ではありません)



3回目だけあって、過去2回より余裕があったし
演奏も楽しめた気がします。
会場が大きくなったに関わらず、ほぼ満員のお客様。ありがとうございました040.gif
[PR]
by harpdiary | 2009-04-11 22:26 | 日記

アトラクション演奏

TDホテルの方を通じて、アトラクション演奏の依頼を受けました。
Rータリークラブの懇親会での演奏です。
会場は、TDホテルではなく、富山市内の割烹です。
ここでは、過去1度も演奏したことがなく、ちょっとドキドキしながら会場入りしました。



お店の暖簾が長くて、ビックリ。
ハープを動かすとき、気をつけなきゃ。


会場は・・・・。
割烹だけあって、当然、畳の大広間005.gif



お店の方に慌てて、毛氈を準備していただき、ほっ042.gif
畳を傷つけるわけにはいかないもん。
ここの割烹は、とても風情がありました。なんか新たな気分になりました、不思議。



そして、チューニング、セッティングを済ませ、進行について確認しようと思ったら・・・・。



担当の方が、会議に出てしまって、連絡つかず・・・002.gif
始まる直前に、演奏場面を確認。



乾杯後の演奏と思ってたら、乾杯前。
ものすごい静寂の中、演奏スタート060.gif
少しお話もいれました。2曲演奏した時点で、乾杯になり、1回目の演奏終了。


2回目は、歓談もずいぶん過ぎた頃。
大盛り上がりな会場でしたが、なぜか、突如ハープについての質問コーナーが
始まりました。


「重さは???」

「35kgほどです」
「どこで作られてますか?」

「フランス、イタリア、アメリカ、ドイツ、スイス、日本でも作られています」

などなど。


演奏の合間に、次から次へと飛ぶ質問。
こういうことは、なかなかないので、おもしろかったです。
ハープについて、みなさん興味あるんだなあと、いろんな発見をした本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2009-04-07 22:19 | 日記

アトラクション演奏

ヴァイオリンのO先生からの依頼です。
県Y画連盟の60周年記念展の初日、懇親会場での演奏です。


今日の編成は、フルート・ヴァイオリン・ハープのトリオ。
すごく久しぶりだなあ。



桜が咲き始めてたけど、少し寒い日。
しかも、今日は富山ではおなじみチンドンコンクール。
会場のK民会館、駐車場入れなかったら、どうしよう!
とにかく、早く行こう!と会場には、ずいぶん早く到着しました。


早く着きすぎて、現場には担当者もいないし・・・。
どうしよう??ハープ降ろすの、早くしなきゃ。
人手を探しに記念展の会場に行ったら、
ちょうどオープニングセレモニーが終了したところ。


「あの・・・・懇親会で演奏するんで手伝ってほしいんですけど」

と、スタッフさんに声をかけたら・・・・。


「あやのちゃん!久しぶりやね!」

と、顔なじみのホールスタッフの方。
あーよかった!話が早い049.gif

「ハープ手伝うよ~」と快諾してもらい、搬入を手伝ってもらいました。


ホールスタッフの方が

「僕、今度県民会館の館長になりました。よろしくね」



うげげげげ。スタッフさんだと思ってたら、館長さんになってたなんて005.gif
あたしって、なんて失礼な・・・。いっかーん!!050.gif



でも、館長さんのおかげで、とてもスムーズに搬入できて、ほっとしました042.gif



チューニングして、しばらくしてO先生、フルートのYちゃん到着。
何曲か音だしして、着替えて本番に臨みました。

060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif

ウエルカム演奏5曲終了後、金屏風の後ろに隠れて待機。
数々の祝辞を聞き、乾杯になって、再度演奏。


ここからは、大盛り上がりな会場。
時には、自分の音もあまり聞えない・・・・。
合間に拍手をいただきつつも、会場が静まる気配がなく・・・002.gif
こうして、しばらく演奏。
なんとか無事終了しました。



着替え後、お昼ご飯をいただきながら、3人で談笑。
食べ終わった頃に、会場もお開きになり、ハープ搬出。


館長さんが、他のスタッフさんに声をかけてくださってたおかげで
搬出もスムーズでした。ありがとうございました040.gif
久しぶりのフルート・ヴァイオリンとのトリオ演奏は楽しかったです058.gif
[PR]
by harpdiary | 2009-04-04 22:43