アトラクション演奏


O吹奏楽団の本番が終わった翌日。
ぼーっとしてるときに、不意に鳴った電話。


「28日夜空いてますか??」
「へ??あさってですよね??」
「はい」
「空いてます」
「では、決定でお願いします。」

H銀行の担当者さんからの電話。
で、依頼主はT頭取。
T頭取からは、過去何度もお仕事をいただいてて
特に、アジアの要人がいらっしゃるときは、決まってオファーが・・・・。


担当者さんに
「ひょっとして、以前中国のお客様にって演奏を依頼されたのですが
同じ感じでしたか??」
って、聞いたら
「確認してみます」とのこと。

再度かかった電話は、数年前の担当の方。
同じお客様でないけど、同等に要人であるとのこと。
そして、リクエストがありました。


「時の流れに身をまかせ」
「北国の春」


へ??005.gif
何度も確認したんだけど、この2曲。
幸い、楽譜は持ってて、とりあえず練習。
北国の春はともかく、時の流れがね・・・
連打音が弾きづらくて・・・・・007.gif



当日。
会場は個室だけど、広め。
川の眺めがいいお部屋。


サプライズ演奏ということで、宴席の途中から演奏開始060.gif
ひたすらBGMとして演奏。



しばらくして、「例の2曲を」とお願いされ演奏。
時の流れは、やっぱりイマイチだったなあ・・・。
でも、宴席は和やかな雰囲気になったので、よかった003.gif



そして、ひたすら空気と化し、演奏。
腕が・・腕がつりそう・・・007.gif

そして、ノンストップでお見送りまで演奏。



最後に頭取が
「カワムラさん、ありがとうね」と、にこやかに会釈してくださって
腕の疲れは、報われたー001.gif(単純)
飛び込みの仕事で、リクエストに応えられて、ほっとしたのでした042.gif
[PR]
by harpdiary | 2009-10-28 22:07 | 日記

昨年に引き続き
O吹奏楽団第16回定期演奏会にエキストラ出演しました。
(昨年の様子はコチラ


今回の曲は。



Stephen Melillo ( ステファン・メリロ ) プラトンの洞窟からの脱出

スティーヴン・メリロ(Stephen Melillo, 1957年 - )は、
アメリカ合衆国の作曲家。
吹奏楽や映画音楽を主に作曲している。
また日本をテーマにした作品を多数作曲していることでも知られる。


1993年に作曲された、3つの楽章から構成されてます。
地底の洞窟から脱走して光あふれる地上に戻るというストーリー。
3つの楽章はいずれもティンパニの静かなソロでつながれています。
重々しく厚く歌い次第に激しさを増し、ゆっくり壮大な雰囲気の曲です







最近、大概の曲を演奏していて、なかなか新しい曲に出会えないので
とても貴重な経験です。
ただ、ものすごく変拍子が多くて、CD音源を聞きながら練習してると
多々、見失うことや落ちてるってことが多くて
こりゃ、合奏練習に行かなきゃダメだなあー042.gif



ところが、なかなか練習にいけなくて、参加したのは3週間前。



家でできないところは、やっぱり合奏でもうまくいかず
でも、指揮が見える分、まだわかりやすい。
変拍子は理屈じゃない!とにかく数えなきゃ!



こうして、週1回ペースの練習に参加。
徐々に慣れてきました。
本番指揮者は、Tサクソフォーン倶楽部でおなじみのI先生。


ホール練習では、ピアノとのユニゾンが多くて、セッティングを調整。
ピアノとのユニゾンは、完全に負けちゃうけど、気が楽。



ひたすら数える、数え間違えない!っていうのが
この曲のテーマのようなもの。
本番を迎えました。




本番は、とにかく気合066.gif
気後れしないように必死。
本番は、ちょっとしたところ(フレーズの変わり目)が、練習と若干違ってて
ドキドキ。
大きなミスもなく、なんとか最後まで辿り着きました、ほっ042.gif


この後は、乗り番がなかったけど
最後のアンコール、崖の上のポニョ。
偶然パート譜を持っていて、調、小節数が合ってたので、最後に合流。


この時は、1部と衣装が違って、
白シャツ、ネクタイ。
この前の衣替えで、昔買ったGAPのネクタイ
捨てるかどうしようか悩んで、
「もう使わないけど、もし捨てて、またネクタイ必要になったら
こんなカワイイの、もう売ってないよね」
とタンスの肥やしになりつつあったのが、出番あり!!やったー024.gif


ボーっとしてたら、あっというまに出番。
慌てふためき、着替え、ステージへ。

最後の合同ステージは、吹奏楽、地元小学生の歌、
メルギューくんもやってきて、にぎやか。


d0105922_019034.jpg



ちなみに、赤いジャージの方は、団員の方で赤ジャージは
地域の体協のお揃いのものだそうです。
ポニョ体操を踊っておられましたが、息ぴったり038.gif



超和やかないい雰囲気で、演奏会は終了。
久しぶりの吹奏楽の本番は、楽しかったです。
[PR]
by harpdiary | 2009-10-25 22:18 | 日記

アトラクション演奏

カレイドスコープでの演奏依頼です。

元K新聞のNさんを通じて、
KNBのKアナウンサーの奥様の会社、FZ社の表彰式、懇親会での
演奏を依頼されました。


曲目を提出した後
Kさんからのご希望をうかがって、再度曲目を組みなおし。
ポップス、ポピュラー系がご希望とのこと。
レパートーリーの中で、四苦八苦しながら曲目を提出。
再度Kさんにチェックしていただき、本番を迎えました。



演奏自体は、懇親会も半ばのアトラクション。
予想通り、大盛り上がりな会場024.gif


聞いてほしいよーと思う反面
ま、いっかーと少々気楽に思いながらも
003.gif今日デビューの曲、ハチャトゥリアンのワルツ
(スケートの真央ちゃんでおなじみの曲です)を
緊張しながら、演奏。



最後の曲が終わって、ほっとしてたら
アンコールをいただき、ちゃっかりアンコールも演奏して
無事終了しました。



ポップス系のレパートーリーって、やっぱり必要だなあと
実感した本番でした045.gif

この日の様子は、カレスコメンバーKちゃんの演奏後記もUPされてます。
(詳しくは、コチラ
[PR]
by harpdiary | 2009-10-13 22:55 | 日記


Y中学校定期演奏会第19回定期演奏会にゲスト演奏をしました。




d0105922_015350.jpg


Y中学校定期演奏会には過去数回演奏しています。
1番最初に演奏したのが、2000年。
もう、10年近くのお付き合いなのね・・・。年月ってはやい005.gif


今回は、ハープソロ。
長い曲を演奏できればよかったのですが、
練習の状態からして、演奏できる曲が限られてしまい
約20年ぶりに、ヘンデルのパッサカリアを演奏することにしました。


10日後に迫った松山バレエ団とコラボする吹奏楽部。
(本番の様子は、コチラ
コラボするのはチャイコフスキーのくるみわり人形の序曲です。
くるみ割り人形といえば、ハープのカデンツが有名な花のワルツ。
ということで、定期演奏会では、花のワルツも演奏することに。




吹奏楽版アレンジは、予想通り、調が違い、
しかも、ハープのソロ部分がカットされたアレンジ007.gif




事前に学校へ打ち合わせに行って、スコアを眺め、にらめっこ013.gif
ソロ部分がカットされてたら、意味ないじゃん045.gif
カットされてる序章~ソロ部分を移調して、ハープソロに。
いつも編曲をお願いしてるK氏に移調譜を作ってもらい、ほっ。
楽譜がきちんとしてたら、安心016.gif



1週間前に、学校へ合わせに行き、当日。



指揮者は、吹奏楽部の指導をしている富山M吹奏楽団のMさん。
Mさんが、なかなか来られなくて、本番ギリギリのリハーサル。


本番前、チューニングして、スタンバイ。


まずは、花のワルツ。緊張が走る。
過去のY中学校の定期演奏会、あまり演奏の出来はよくないので
今日こそは!という思いでいっぱい。
気持ちを引き締める。


気合でのりきったソロは、会心の出来。ほっ042.gif
ソロの後ワルツ部分は、楽しくアンサンブルしました。



ここから、ゲスト演奏。



いつもは、自分の楽器ですが
Y中学校には、ハープがあるので、学校の楽器で演奏。
自分の楽器と若干弦の張り具合、弦の幅が違うので細心の注意が必要。


これも気合で乗り切るしかない066.gif


1曲目は、大丈夫。
2曲目パッサカリアで、少々指がもつれそうになりつつも。
なんとか持ち直す。
比較的、簡単な曲。
でも、簡単だからこそ、緻密に表現したい。


そういう思いで最後まで弾き続けました。



d0105922_23594942.jpg

お花を
いただいた後、
突如MCを
お願いされ
ご挨拶。








終了直後、指揮者のMさんが、

「上手い!上手かった!049.gif
と、何度もほめてくださいました。
手放しでほめてもらえるって、滅多にないから、びっくりしつつも、嬉しい024.gif
表現したい気持ちが伝わったかなあ。





演奏後は、
D高校の中日コンクール同行の時間が・・・・
059.gif迫る、迫る!059.gifヤバス028.gif



大慌てで着替え、ぶっとばす車。





こうして、Y中学校での演奏会は余韻にひたる間もなく
慌しく終了しました。
I先生、ご挨拶もろくにできなくて、ごめんなさい040.gif
[PR]
by harpdiary | 2009-10-11 23:16 | 日記

Gリーンビュー立山 森のミニコンサートに出演しました。

季節ごと土曜の夕方のコンサート。
気づけば、6回目。
今回は、10月の初回でした。


お客様の年齢層は、やや高めが多いのですが
今回は、前列が全員子供。
珍しく、うちの家族も聞きに来ていたので
その中には、姪っ子ズも含まれてます。


静けさの中で、がさごそ、がさごそ・・・・・。



子供だからしようがないけど、雑音だされ放題、おしゃべりされ放題。




あぁ・・・集中力が・・・・013.gif



こんなことぐらいで、集中できないなんて、まだまだ未熟だな。
落ち込みつつ、イライラしたりもしましたが、
あきらめが肝心045.gif


この子たちが喜ぶようなアニメの曲、準備してあげればよかったな。


慣れたところでのコンサートほど、準備は念入りにしなきゃなぁ。
自分の未熟さ、準備の甘さに反省しきりの本番でした025.gif
[PR]
by harpdiary | 2009-10-03 22:16 | 日記