K民ふれあい公演


K民ふれあい公演に出演しました。
前回はTやまレディースオーケストラOASISのメンバーとして出演しました。
(その時の様子はコチラ
今回は、アンサンブル・フローリスのメンバーとして。
フルートが増山理恵さん、ヴァイオリンは櫻井涼子さん。
2人も高校の後輩で、時々ご一緒しています。



会場は、ピッカピカのS庄北小学校。
楽器を運ぶ通路も学校とは思えない・・・・。キレイ072.gif
体育館も控え室もトイレも・・・・(全部キレイなのは当たり前だけど)
最近の小学校は、めっちゃ贅沢だなと思ってしまったのでした。



トリオの後は、声楽グループK澄奏のみなさまの演奏があり
最後に、一緒にアンコール曲を演奏するという流れ。
アンコール曲は、当日のみの合わせなので、やや緊張。

K澄奏の代表も、高校の先輩。
かなりお久しぶりに会いました。


アンコール曲、ビリーブは持っていた楽譜と若干違ってたけど
予備の楽譜をいただいて、問題なく。
本番を迎えました。


進行は、他2人がばっちりやってくれて。
演奏は、定番のよく演奏してる曲が、1曲目。
あれほど慣れれるはずの曲が。
緊張のせいか・・・・・ボロボロ。
連鎖の恐怖をみんなで味わったのでした。
他の曲は、合わせを念入りにしてたので、ばっちり。
ほっ。


舞台袖で、K澄奏の演奏を聞きながら
アンコール曲まで待機。


最後に、生徒さんの大きな合唱でのビリーブ、校歌を演奏。
とても和やかな雰囲気で終了しました。


夕方、S庄地区の友人Wさんから、久しぶりのメール。
「うちの子が、あやのっちの演奏聞いたって言ってたよ」


そっかー。
Wさんちのお子様、S庄北小学校だったのねー。
久しぶりの友人とのメール、
フローリス、K澄奏の演奏を楽しんだのでした。
[PR]
by harpdiary | 2010-09-30 17:58 | 日記

昨年に引き続き、T市民文化事業団のウィークエンドコンサートに出演しました。
昨年は、カレイドスコープでの出演でしたが
今年は、Aンサンブル・フィガロのメンバーとして。
木管五重奏+ピアノ、ハープの編成です。


2日前のH中音楽祭で一緒に演奏することが決まって、
本番日が近いから、ウィークエンドコンサートもご一緒することに。



メンバーとは、よく顔を合わせますが、演奏は本当に久しぶり。
気づけば、2年ぶり。


クラシックから、ポピュラー曲まで、盛りだくさんな曲目。
本当に時間内に収まるかなあ???


3週にわたり、練習日に参加。
10年程前に一緒に演奏したはずの曲目が・・・。
う-ん・・・・忘れちゃってる・・・。
お互いに思い出すのに必死でした。


会場は、Y田村公民館。
わー。Y田村なんて、そうそう行かないぞー。
ナビで、向かうけど、日が暮れ始めてきて、気づけば真っ暗。
しかも。電灯がうす暗い007.gif


でも。
会場内は、ばっちり明るくて、何の問題もなく。
リハーサルで確認して、あっというまに本番が始まりました。


前半はクラシック中心の曲目。
休憩をはさんで、控え室に行く途中。
ピアニストのCちゃんが、階段で足を踏み外し、転倒!!!


奇跡的に、手も足もけががなく、みんなで、ほっ042.gif
転び方が上手いのかなあ・・・幸い、大きなケガにならなくてみんなで安堵したのでした。


後半は、おなじみのポピュラー曲。



それにしても。
Hさん、曲数多いよー。
時間、すごいオーバーしてるよー。



アンコール曲は、乗り番がないしーと
さっさと着替えてたら・・・。



うっきゃー、「いつも何度でも」が聞こえるー。
急遽お客様のリクエストで、再演奏することになったらしい・・・。


曲の途中で、無理矢理、かけつけ演奏。
久しぶりのFィガロメンバーでの演奏は、にぎやかで楽しかったです!
[PR]
by harpdiary | 2010-09-25 21:32 | 日記

春に引き続き、富山県o楽家協会コンサートに出演しました。
前回は、ハープソロでしたが
今回は、声楽のk先生の伴奏です。
K先生は、富山県o楽家協会の中心となってお世話して下さっています。

曲は、
グノー作曲   アベマリア
ルサルカ作曲  月に寄せる歌


アベマリアはいろんな機会で演奏してるけど
ルサルカは、十数年前にやったっきり。

なんか、演奏不可能なところがあって、
ピアノの方と一緒に伴奏した記憶が・・・。

K先生から音源が送られてきて聞いてみると、オケ伴奏・・・。
うーん。どうしよう。
半音階がひたすら続くところは、カットしたり、グリッサンドしたりして
工夫。
k先生にこれで、いいですか??と合わせの際に確認して
ひたすら練習しました。
この曲はシンコペーションが結構あって
拍がいい加減にならないように、メトロノーム練習ばっかりでした。


リハーサルが、大丈夫かなあ??
やばいなあって、感じでしたが
本番は、史上最高の集中力で、すごくいい演奏ができました。

本番後、すぐに別の本番のため
次の会場へ向かったのでした。
[PR]
by harpdiary | 2010-09-25 15:50 | 日記

H中音楽祭

d0105922_20433162.jpg

数年ぶりに、H中音楽祭に出演しました。

(ヴォーカルグループSレイユから画像を借りました
Sレイユさんのブログはコチラ






H中町ふれあい館主催の催し物で、ふれあい館の練習室を年間予約してる
皆様の発表の場って感じです。
H中町音楽協会の会員である私、会長のS先生、事務局のHさんから
「ヒマやったら、出てもらえんけ??」とお願いされました。



S先生は、チェロアンサンブルH鳥を主宰なさってて
過去たくさんの演奏会に出演させていただきました。
今回お願いされたら
以前の演奏会で、お蔵入りした曲。



ソプラノ、チェロ、ハープ、ピアノによるサンサーンスの白鳥
ヴィラ・ロボスの黒鳥。





うー。黒鳥は、7年前にAダミーラさんと共演させていただいた曲。
譜めくりがまーったくできなくて、縮小コピーの楽譜が
新聞みたいになってる・・・。
あ・・・・・いつかやると思ってたけど・・・・。



チェロは、A井結子さん。
福井出身で彼女は、ずっとH鳥の会コンサートに出てて
中学生の頃から知っるんだけど、
ドイツで長く勉強していて、最近帰国なさったそう。
すっかり大人になったけど、少年のような颯爽としたステキな女性になってました053.gif



合わせは、1回のみ。
しかも、ものすごい台風の日057.gif彼女は福井から来られました。
H鳥のソプラノは、M先輩、ピアノはCちゃん
2人も高校の先輩、後輩。
久しぶりにお会いできてよかった!


なのに・・・。


練習不足な私は・・・・ボロボロ007.gif
結子ちゃん、M先輩、Cちゃん、ごめんなさい040.gif



合わせから2週間、とにかく弾きこむ。
体に染み込ませないと、黒鳥は弾けない・・・・。




プレイヤーとして、どこまで本番いい演奏ができるか??
自分自身にはっぱをかけ、追い込んで、追い詰めて。
しんどい日々が続きました。



当日のリハでも、結子ちゃんは、確実なアドバイスをくれて。
合わせもギリギリ、移動もギリギリ。
あー時間がない、セッティングしなきゃー、チューニングしなきゃー。
着替えなきゃー。じたばた。



チューニングしてたら、はとこのH子さんに声をかけられたー。
あー久しぶり。



お昼ごはん食べる間もなく、本番を向かえ。
違う緊張感がみなぎり、集中。



白鳥の前奏はハープのソロ後、チェロの美しいカデンツ。
邪魔しないように必死。
前奏後は、とにかく歌のブレスを聞かなきゃー。
会場は静寂で、気持ちいいけど緊張が高まるー。
後奏もハープのみ。美しいアンサンブルの余韻がぶち壊しにならないように必死。


M先輩、Cちゃん退場後、結子ちゃんと黒鳥。
会場の静けさを感じて、前奏を始める。


ここからは。



2010年ベスト演奏でした049.gif
夢のような世界でした、久しぶりに自分の演奏に酔いました。
演奏家として、まだやっていけると確認できた気がするし
大きな自信になりました066.gif



この後は、アンサンブル・Fィガロのアンサンブルにも参加しました。
黒鳥の演奏の余韻に浸って、楽しく演奏できました。






あー今日の演奏をうちのだんなさんに聞いてもらえて、
よかったーと思ってたら・・・。



「なんか、時間間違えてねー、Fィガロから聞いたよ」


がーん・・・・・002.gif
まあ、そんなもんか。
とにかくいい演奏ができたことに、大きな喜びを感じたのでした。
[PR]
by harpdiary | 2010-09-23 20:49 | 日記

観月会コンサート

カレスコのフルート奏者Yちゃんを通じて
H町商工会のお月見会で演奏をお願いされました。



この日は、十五夜なのに。
ものすごい雨057.gif



会場は、料亭S広。
初めて行った場所ですが、老舗だけあって、バリアフリーでない・・・007.gif
あちこち、四苦八苦しながら、ハープを運びました。



お月見コンサートということもあり、
会場は、すすき、お団子、月がばっちりが飾り付けられ、いい感じ。
曲も月にちなんだ曲をYちゃんが選曲してくれました。



和室での演奏は響きが心配な部分もありましたが
乾杯前の演奏だったので、静寂の中、気持ちよく演奏できました。
雨で月は見られなかったのは
残念でしたが、十五夜の雰囲気のお手伝いができて
良かったなあと思った本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2010-09-22 22:09 | 日記

新潟県にあるJ交響楽団第65回定期演奏会にエキストラ出演しました。
今回の演奏曲は


ドビュッシー 海


~wikipediaより~
フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。
題名の通り、海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。
ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり
近代音楽史上最も重要な作品の1つである。




ハープ2台の曲です。
何度も演奏したことがあるのですが、この前演奏したのは、いつだっけ??
って思い起こしたら・・・・。
あ・・・・2年前かー。(その時の様子はコチラ
あ、でも2番ハープだったなー。
1番ハープやったの、いつだっけ???と思い出したら




005.gif005.gif005.gif 10年前!!! 005.gif005.gif005.gif




ひえー!!!そんなに時間が経ってるなんて・・・・。
ただ、吹奏楽のレッスンで、時々楽譜は見てたけど・・・・。





そして、やたら本番が多い私。
目先の本番の譜読みに追われて、なかなか練習できない・・・・007.gif



今回の2番ハープは、大人のレッスンの生徒・Wさんににお願いしました。
彼女のレッスンは、もっぱら海の2番パート。
あぁ・・・・2番なら、すぐ弾けるのに・・・・。
Wさんも海の2番は2回目で、前回より成長が見られてて
しかも本番に向けて、ばっちり049.gif



なのに・・・私ときたら・・・・。
まずい、まずい、まずい・・・やばい・・・やばい028.gif




準備不足を解消するのは、練習しかない・・・。
必死に本番まで準備しました。




前日リハーサルも、家で必死に練習した後、上越に出発。
で、当然ギリギリの会場入り。
Wさんは、ずいぶん前に到着。
あぁ・・・・・あたしは先生としても失格じゃー。へこむ002.gif




1曲目のある部分に、合奏はものすごく時間をかけていて。
そのおかげか、Wさんとの息もぴったり合ってきました。



夜は、久々にみなさんと飲み会。
オケの皆様、Sさんから、お祝いをいただきました。
たまにしか、来ない私に皆様ありがとうございます040.gif



本番の会場は、当日だけ。
Wさんと、セッティング、お互いの音の聞こえ方など確認して
本番に臨みました。




この曲は、結構時間も長い。
とかく集中力とオケに対しての瞬発力が大事。



指揮者のYさんは、思い入れがあるのもあってか
ものすごく丁寧に振ってるので、焦らず、指揮に合わせるのみ。
Wさんもレッスン通り、ばっちり弾いてて。
生徒さんとオケで演奏するのは、なかなかない機会。
楽しんで演奏できました060.gif



「海」の後、アンコールは同じくドビュッシーの小組曲から
小舟にて。
これもハープがバリバリ目立つ曲。
久しぶりのオケでのアンサンブルが楽しめました。


練習不足から不安が多かったけど、ばっちり演奏できて
とてもほっとした本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2010-09-20 19:32 | 日記

アトラクション演奏

この日の様子は、カレイドスコープブログ(コチラ)にUPされています。
[PR]
by harpdiary | 2010-09-18 19:26 | 日記

K民ふれあい公演

K民ふれあい公演、TやまレディースオーケストラOASISのメンバーとして出演しました。
K民ふれあい公演は、私が3年間プロデューサーとして関わっていた
県の委託事業の公演です。


今回の会場は、富山市のH原小学校。
ここも、7年ほど前に文化庁の芸術家派遣事業で演奏させてもらった
懐かしい学校です。


そして、TやまレディースオーケストラOASISのメンバーとして出演するのも
久しぶり!前回は2年前だもん(その時の様子はコチラ



今回の公演は、全9曲。
そのうち、私の乗り番は、5曲。


練習は1回しか参加できず・・・008.gif
本番に臨みました。


この日も、お天気が悪くて、楽器の搬入が心配でしたが
なんとか大丈夫でした。


リハーサル時間めいっぱいまで音だし。
ここのオケは指揮者がいないから
テンポの変わり目など、すごく気をつけないと落ちちゃう。
ちょっと、ドキドキな部分もあるのですが
集中力で乗り切るしかない!



メンバー色とりどりのドレスに着替えて、本番まで袖で待機。
1部は、大正琴の公演があって
懐かしの羞恥心、ポニョを演奏してる。
パーカッションのRちゃんが、ドラムで参加してて
ドラムと大正琴で羞恥心・・・・。
なかなか珍しいものを聞かせてもらいました001.gif



いよいよ、本番。
私は最初の2曲は出番なし。
3曲目からで、とにかく集中。
曲目解説もメンバーが交代でするのですが、みんな上手。
私は5曲目だったのですが、カミカミにならないように注意。
サウンドオブミュージック、アラジンでは
ベースパートを弾いたのですが、コントラバスと遠いし
ずれないように、気をつけなきゃー。



d0105922_20292870.jpg

緊張がたくさん走りましたが、久しぶりのOASISは楽しかったです。
H原小学校のみなさんの様子です(学校のブログはコチラ
[PR]
by harpdiary | 2010-09-16 20:07 | 日記

アトラクション演奏

T病院でM先生と本番後の同じ日、夜もう1つの本番。
この日は、雨で蒸し暑く057.gif楽器の運搬が憂鬱007.gif




夜の本番は、カレイドスコープでの演奏です。
放送局の事業部さんからの依頼で
TD銀行の会長、頭取就任パーティーでの演奏でした。
うん、重なる日って、重なるんだよねー045.gif



時間は、ちょうどよく搬入も焦らずにできて、
雨も落ち着いて憂鬱は吹っ飛びました001.gif


Dビルの大ホールステージでの演奏で
セッティング、音響をリハーサル中に念入りに確認。


雨のせいか、お客様の出足は遅く、少しスタートが遅れましたが
ウエルカム演奏は、準備したほとんどの曲を演奏しました。



来賓の祝辞などが続いて、私たちの出番は、90分後。
待ち時間は、3人であれやこれやとマシンガントーク018.gif


歓談中での演奏は、お客様が大盛り上がりで
とにかくお互いの音を聞きあうことに、集中。



ダブルヘッダーの本番が
無事に終わって、ほっとしたのでした。



この本番の様子は、カレイドスコープのブログ(コチラ)にYちゃんのコメントがUPされています。
[PR]
by harpdiary | 2010-09-07 22:30 | 日記

T病院お月見コンサート

d0105922_19562858.jpg


ピアノのM先生と一緒に
T病院のコンサートに出演しました。



気づけば、もう4回目。
前回は、2月末のちょっと早いひなまつりコンサート。
半年ぶりで、今回はちょっと早いお月見コンサートでした。


お月見コンサートということで
ちゃんと飾りつけしてありました。
いい感じ。










猛暑?酷暑??
9月になっても、暑い、暑い。
残暑が厳しいこともあり、今回のコンサートは海をテーマにした
曲で構成されました。


浜辺の歌、やしの実などおなじみの日本の曲に
「誰もいない海」
私はこの曲初めて知ったのですが、トワエモアの懐かしい名曲だそうです。
ゆったりとした口ずさみやすい曲。
M先生と何回も練習を重ねました。


本番は、M先生のトークで、さくさく進み。



途中、ハープソロが入るはずが、飛ばされて次の曲へ。
あれ???って思ったけど
時間もないから、飛ばされたのかなあ??
と、細かいことは気にせずに、演奏してました。




終了後、ボランティアのMさんから

「ハープのソロ、今日はなかったねー」と声をかけられ、
はっとしたM先生。

「あー!!!
ごめんなさい、焦っててとばしちゃったー」


「本当にごめんなさいね」
と、何度も何度も謝っていらっしゃって
こちらが何も言わなかったからなのに・・・・
M先生、ごめんなさい040.gif




この日は、暑いけど、雨がすごくて
ハープを運ぶのが、大変だったのですが
ボランティアスタッフの皆様のおかげで、助かりました。
本当にありがとうございました040.gif
[PR]
by harpdiary | 2010-09-07 19:14 | 日記