K島コンサート

フルートのY先生からのお誘いで出演しました。

Y先生の近所のK島公民館では、1年に1度コンサートが催され、
数年前に演奏させていただきました。
(確かダブルヘッダー本番の日で、朝の本番前に車をぶつけて
ふらふらになりながら、本番に向かった気がする・・・)



選曲もトークもY先生にお任せ。
テンポが緩やかなモーツァルト、対照的にアップテンポのイベール。
日本の曲を篠笛で演奏なさったりとさまざまなジャンルの曲を演奏しました。



Y先生のご近所ということもあってとてもな雰囲気でお客様もたくさん!
終了後には、ケーキとコーヒーが振舞われ
和やかな雰囲気に。

久しぶりのY先生との演奏はとても楽しかったです001.gif
[PR]
by harpdiary | 2010-10-17 20:23 | 日記

アトラクション演奏

連日でのカレイドスコープでの演奏です。
日本I師会懇親会の演奏をお願いされました。


Aホテルでの大宴会場。
ものすごい広い!!!


演奏は、ウエルカム演奏と乾杯後だったのですが
お客様から突然、
「ファンファーレのようなもの、短いものを演奏してください」



うげげげ。
きゃー、どうしよう???



と、慌てふためきましたが、ウエストサイドストーリーの
後奏部分が短くて、それらしく聞こえるんじゃないか???
と、突如演奏することに。




司会には、Tテレビに以前出ていらっしゃったK山さん。
あー懐かしい。最近お見かけしないなあ。
など、少し周りを見る余裕もあったり。



ウエルカム演奏終了後、開会のお言葉。
そして、ファンファーレ060.gif
たったの数十秒だけど、静寂での演奏はとても緊張しました。




たくさんの挨拶が続き、乾杯後、再度演奏。



雑然とした会場内でしたが、お互いの音を必死に探りあい演奏。
大盛り上がりの会場。
突然のファンファーレもなんとか演奏して、無事終えてほっとしました。

この日の様子は、
カレスコブログ、YちゃんによってUPされています
コチラ
[PR]
by harpdiary | 2010-10-10 22:31 | 日記

アトラクション演奏

5ヶ月前にお仕事させていただいた
G政書士会60周年記念パーティーに引き続き、
グランドプラザでの市民相談会で、演奏依頼を受けました。

前回は、フルートハープでの演奏。(その時の様子はコチラ
今回はカレイドスコープでの演奏です。


グランドプラザは、総曲輪デパートD和前の広場。
いろんなイベントが催されていて、ここで演奏するのは初めて。
楽器の搬入や控え室等、打ち合わせをいろいろさせていただいて
臨みました。


演奏は、BGMで30分を2ステージ。
10分をクラシック10分をポピュラー曲、10分を宮崎アニメ映画と
プログラムを構成。
カレスコのレパートリーは、かなり増えていて
60分違う曲目は、ばっちりある。すごいなあ。



この日は、どんよりした曇り空で、少し小雨もぱらついて
あいにくのお天気。
お客さん、いてくださるといいけど・・・・・
本番前にセッティングして、チューニングして
演奏開始。


バックには、巨大スクリーン。
気づけば、自分達の顔が、ドアップ・・・・・。
うぅー・・・・・。



演奏以外のことに気をとられちゃいけないと
3人で懸命に演奏してるうちに1回目終了。



2回目は、会場の雰囲気に慣れてきて
少しリラックスして演奏できました。

演奏に必死で、あまり周りを見れませんでしたが
後日、「聞いたよ」という方々にたくさんお会いして
びっくりしました。
グランドプラザでの演奏はなかなかないことだったので、
とても貴重な経験でした


この日の様子は、カレスコブログにもUPされてます。
Kちゃんによるブログは、コチラ
[PR]
by harpdiary | 2010-10-09 20:58 | 日記

レッスンをしているT音楽院で4月から
0歳児からの音楽教室「みるくくらぶ」が開設されました。


みるくくらぶでは、遊び歌やリトミックのレッスンをされています。
月1回、講師によるコンサートが計画されています。


前回は4月。トップバッターだった私(前回の様子はコチラ



今回は、秋だし、赤とんぼ変奏曲を入れ
クラシックの名曲、タイスの瞑想曲、愛の挨拶も演奏。
10分。短いようで、3曲続くと結構長い。
何よりも集中力が大事。



この日は快晴で暖かく、4月よりもたくさんの
赤ちゃん、ママがいらっしゃてました。


演奏後、理事長先生から
「難しいの、よく弾くわね」と感心され、なんとなくほっとした本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2010-10-06 15:37 | 日記

富山S覚障害者文化祭

富山S覚障害者文化センターからの依頼で、
年に1度の文化祭で演奏することになりました。


この依頼は、昨年もいただいたのですが、別の本番と重なってたため
お断りしました。今年こそ是非!と、日程が決まってすぐご連絡があり
半年前には決まっていました。
本当にありがとうございます040.gif


お客様は、ほとんどの方が視覚に障害がある方。
どのような曲で、どのように説明したら・・・など考えましたが
障害がある方もない方も、音楽を聴いて、感じるってことは
さほど変わりないんじゃないかなあと思い直し
いつも通りのスタイルでいくことに決めました。



会場は、たっくさんの人。100名くらい。
私が、調弦してる間も座ってきいていらっっしゃるような状態。
本番までは、あまり時間がなく、てきぱきと準備。


時間通り本番は始まりました。


静かだなー、ひょっとしたら寝ちゃった方もいるかもー??と思ってましたが
みなさん、熱心に聞き入っていらっしゃる様子。
今回は、小型のサウルハープも演奏。
グランドハープとの音色の違いも感じてもらえたらと思い演奏060.gif



途中で疲れて席を立たれる方も多いんじゃないかなあと思ったのですが
ほとんどの皆様はそのままいらっしゃって、演奏終了後には
たくさんの質問を受けました。


最後に、ハープを触ってみたいという方が何人か触っていかれました。



終了後、協会の方からインタビューを受けたり
事務所に行ったら、中学校の先輩が2人。
しかも1人は、部活の先輩。本当にびっくり!!!005.gif
何しろ、25年くらい前だもん。
でもお2人とも、中学生の印象とはあまり変わらず・・・・
いやー、びっくり042.gif


更に、ボランティアでいらっしゃってたのが
O楽院理事のFさん、15年来お世話になってるY社長の奥様など
思わぬ方とばったり。


全く知らない皆様のところへうかがったはずが
たくさんの知人に再会して
人と人のつながりを実感した本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2010-10-03 14:54 | 日記

ハープの饗宴ⅩⅠ

Nハープ協会北陸支部が毎年、富山・石川・福井の各県で
コンサートを行っています。
Nハープ協会は、プロ・アマ問わずのハープ愛好家の協会です。
ハープの普及を目的に設立されました。


この北陸支部コンサート、さすがに毎年出演はきついので
富山の時だけは、責任もって出演しています。
富山公演は4回目。前回の様子は(コチラ


富山でのコンサートは観客動員が難しく天候も心配したのですが
爽やかな秋空に恵まれました。


会場のSンフォルテでの公演は2回目で10年ぶり。
演奏曲をどうするか迷いましたが、無理しない選曲。


ロンドンデリーの歌による変奏曲


今年は、T岡西高校、O島絵本館など、本番回数を重ねたもの。
無理のない選曲にしたのは
会計、チラシ配布、コンサートPRなどコンサート運営の雑務が山積み・・・・。
負担の少ないものにしました。


前回は指揮者の先生が1週前に緊急入院など
予想しないトラブル発生。
今年は、万全の準備だし、大丈夫と思ってたら・・・・。
3日前に、ピアノ椅子が足りないことが判明・・・・がーん。



富山市内の楽器屋さんに問い合わせてみるけど、全然ダメ。
ダメモトで吹奏楽でお世話になっている高岡の楽器屋さんに聞いたところ

「何とかしますよ」


あぁ・・・・これこそ天の声・・・・。



胃が痛くなってたので、これほどありがたく思ったことはなかったのでした。



当日は大きな問題なく、リハーサルもスムーズ。
本番は、負担の軽い演奏曲にしたのが、功を奏し
納得のいく演奏ができました。


ステージマネージャーは、K氏。
てきぱきと仕事をこなしてくれて、本当に助かるー。


前半は、ハープソロ、デュオ、トリオと1台ずつ増えていくアンサンブル。
第1部の最後は、朗読とハープでした。
演奏会の進行は、時間が気になるけど、予定時刻通り、ぴったり。
出演者全員で、びっくりだったのでした。




第2部は、特別企画「タッチ・ザ・ハープ」
客席の皆様から、希望を募り、キラキラ星の体験演奏。
アイリッシュハープ5台、グランドハープ5台の計10台がステージに並びました。


T支部長のMCで進行、
ステージには、6人の会員がお客様に補助として、つきました。
私は、みなさんの伴奏。
皆さんで、メロディーを練習。
メロディーの後、グリッサンド。
最後は、メロディー、グリッサンドに分かれてアンサンブルしました。


タッチ・ザ・ハープに参加なさった方は、小学生からご年配の方まで。
女性だけでなく、男性2名いらっしゃいました。
(うち、ひなちゃん、うちのだんなさんも触ってみたいと参加・・・・いいんだろうかサクラ状態)
初めて触るハープに、喜んでいらっしゃる様子が、とても微笑ましく
ハープを身近に感じてもらったのでは、と思いました。



最後は、グランドハープ5台のアンサンブル。
日本の歌メドレー。
浜辺の歌、こきりこ節、子守唄、ふるさとなど懐かしい
おなじみの曲を演奏しました。
3年に1度の演奏会がなんとか無事に終えて、ほっとしたのでした。
[PR]
by harpdiary | 2010-10-02 17:17 | 日記