アトラクション演奏

大学の後輩、フルートのAさんを通じて
某介護施設職員の慰労会での演奏をお願いされました。


場所は、F光へレッスンに行った帰り、よく寄ったショッピングセンターのホール。
ショッピングセンターはよく知ってたけど
ホールがあることにびっくり!!初めて入りました。


ホールは、とても広く多目的スペース。
Aさんとリハーサルで、音響を確認しながら合わせをしました。

選曲はAさんがしてくれて
ウエルカム演奏では、クラシック曲
乾杯後の歓談時には、季節の日本の曲やポピュラー曲を演奏060.gif


控室に行く際、会場の隅っこを歩いていたのですが
会場のお客様から「よかったよ」「すてきでした」と声をかけられ
ほっとしたのでした。

久しぶりのAさんとの共演は、楽しかったです。
3月は、9回も本番がありました。
なんとか乗り切れて、ほっとしました。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-31 21:49 | 日記

T高校吹奏楽部の第59回スプリングコンサートにエキストラ出演しました。

数年前にも出演したことがあるのですが、
その時は、能登地震で開催が危ぶまれていたのですが
今回は、東日本大震災が起きて3週間。
未曽有の大災害後で、自粛ムード漂う世の中ですが、開催されました。


今回お願いされた曲は、


セシル・シャミナード「フルートと管弦楽のためのコンチェルティーノ 作品107 」

~ウィキペディアより~


セシル・シャミナード フランスの作曲家・ピアニスト。
出版作品と演奏活動によって、経済的に自立した最初の女性作曲家といわれる。
幼年期から作曲を試み、8歳のときいくつかの宗教曲をジョルジュ・ビゼーに
演奏して聴かせ、「小さなモーツァルト」と呼ばれて可愛がられた。

フルートとオーケストラ用に作曲されたが、現在ではピアノ伴奏が一般的。



オケ伴奏の曲を吹奏楽版のアレンジでの演奏です。


それにしても、この曲。
ペダルが超難しい・・・・・007.gif

年明けから練習に参加したのですが、
年末年始は、ほぼこの曲のペダルにうなされていたとしか言いようがなく。
1小節に7回踏むという離れ技。
異名同音を駆使しても、たくさん踏むペダルの回数は減らず・・・。
しかも、ペダル間違えると、フルートのソロが台無しになっちゃうんだなあ・・。

とにかく「体で覚える」しか、ない!!
ひたすら練習あるのみ、の日々でした。


パート譜の難しさはともかく、曲はとても清々しくて、きれい、ステキな曲でした。



前日、前々日も本番で、当日の集中にかけるしかない。
オーケストラでペダルが難しい曲の場合
靴を履かずに、黒い靴下で演奏することがあるのですが
(本当は、ダメなんだけど)
今回もまさにそう。
ぜーったい、間違えたくない、完璧に弾きたい!


とにかく集中。
いつもと同じチューニングを念入りに。
本番は、気持ちが空回りしないように、熱くなり過ぎず
どこかで冷静になりながら演奏。

悪夢のペダルは、序盤から、同じパターンが2回。
びびると、冷静になれないし、平常心。


そして、なんとかクリア。
あーよかった038.gif
会心の出来って程ではないけど、迷惑かける出来ではなく
80点の合格ライン。


残りのフレーズも、油断できない。
曲の美しさが引き立つように、細心の注意を払いながら演奏。
こうして、無事にたどり着きました。

他の本番もあって過密なスケジュールの中の
久々にしんどかった本番でしたが、大きなトラブルなく演奏できて
ほっとしたのでした。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-28 22:06 | 日記

アトラクション演奏

TDホテルの賞味会~春の饗宴~での演奏をお願いされました。
前日、A病院のパーティーでのアトラクション演奏を同じ会場で
演奏したばかり。

私が大学卒業して、富山に戻って初めて依頼されたお仕事が
この賞味会第1回目。
とても懐かしく思えて、すごくうれしい依頼でした。
今回は、カレイドスコープでの演奏です。


スペシャルゲストに、野菜ソムリエのSさんがいらっしゃってて
お料理の解説をしながら、お食事はすすんでいきました。

ステージ袖で、スタンバイする私たちは
数々のお料理の説明と匂いをかぎながら
「お客さんになりたーい」と、気もそぞろ。


今回、お客様でヴァイオリンのO先生がいらっしゃるとのこと。


違う意味でも緊張する私たち。
前日も同じ会場、同じメンバーで、演奏したし。
選曲も悩みました。


大宴会場での演奏。
ふと見たら、O先生が私たちの目の前。
うっきゃー、緊張!!
そして、なんか動いてる人・・・・・。

「あーちゃん!!」
ひえー、うちの姪っ子ズ!!!

そして、失笑するカレスコメンバー、Yちゃん、Kちゃん。


へ???



うちのもりくん(夫)が写メしている!!!
(あとで聞いたところ、うちの母が写メしたら、とそそのかしたらしい・・)
あー、なんだかなー、身内・・・・・。



演奏は不備なく、無事終了。
あー、最近太ったなー、やばいなーと衣装着て実感してるところ
もりくん(夫)が
「奥さん、なんか二の腕がすごいことになってるよー
ダイエットしたら」

えーい、うるさい!うるさーい047.gif
あたしゃ、よく食べてるけど、常にダイエットは意識してるよー031.gif
なんだか、いろいろ違う意味で、思い出に残った本番でした。


この日の様子は、カレスコのブログ、Yちゃんによる日記(コチラ)をUPされています。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-27 22:41 | 日記

アトラクション演奏

この日の様子は、カレイドスコープ・ブログ(コチラ)にUPされています
[PR]
by harpdiary | 2011-03-26 21:38 | 日記

T高校吹奏楽部顧問のO先生を通じて
H銀行でのコンサートをお願いされました。
担当のOさんは、なんとO先生の奥様。

オープン時にヴァイオリンのコンサートをして好評だったこともあり
またコンサートを企画されたそうです。


同じ曲目で2回の公演。
しかも、トークはなしの、がっつり30分。
銀行は業務中なので、BGMです。


選曲もいつもと違って、
今回は、3月末ということもあり
「なごり雪」「卒業写真」「贈る言葉」の
卒業シーズンにちなんだものを選曲。


うー。みんなが知ってる曲って、ちょっとしたミスも
いかんよなー、曲が台無しになっちゃうなー。


お客さん、たくさんいらっしゃってくれるといいけど。
と、思ってましたが、さすが25日。


キャッシュコーナーには長蛇の列。
そして、演奏スペースにの椅子もどんどん埋まっていきました。
演奏を続けていくうちに、ふと、お客さんのほうを見たら


ひえー!!!フルートのY先生!!!



演奏後「先生、大変やったねー。偶然に銀行よったら
コンサートされていて、びっくりしたわー」
と声をかけられました。


卒業式ソングは・・・。
1回目は、たどたどしく。
2回目は、だいぶ滑らかに、なんとか終了。


寒い日でしたが、天気も良く
ハープの運搬もたくさんの銀行の方に手伝ってもらい
心配なくできて、ほっとしたのでした。
Oさん、ありがとうございました。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-25 16:42 | 日記

アトラクション演奏

「Tやま文学賞」授賞式での演奏をお願いされました。
と、いっても授賞式前のウエルカム演奏です。

会場は富山K民会館304号室。
G術文化協会の表彰式でもこの会場はよく使われていて
時々演奏しています。


3月半ばを過ぎても寒い日でした。
授賞式ということもあり、受賞者、関係者の雰囲気は
とてもおごそかな感じでした。


演奏は、問題なく無事終了。



未曽有の大震災後の初本番。
自粛ムードが漂う世の中、2つ本番がキャンセルになりました。


こうして、音楽が続けられる自分の環境に対して
本当にありがたいなあと思いました。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-23 12:54 | 日記

先日のK王丸進水イベントのコンサートにお客さんでいらっしゃってた
中学時代の国語の先生で、ソフトボール部の副顧問だったS先生から
先生の教えてらっしゃる射水市のS中学校で
進路についてのお話とコンサートをお願いされました。

1月にもY中学校で似たようなことをやったなあ。
でも、あの時はフルートのYちゃんがいたし、今回は1人。
きちんと、お話をまとめておかないと収集つかなくなるー!!


というわけで、演奏よりも講演についての原稿作りを念入りにしたのでした。

音楽室隣の図書スペースでの演奏。
3Fだったので、運ぶのも大変でしたが、生徒さんが
たくさん手伝ってくれて本当に助かりました。


チューニングして、少し指をならし、着替えをして本番に臨みました。


演奏、お話も順調に進み、少し残った時間で質問を受けたり
ハープを触ってみたいという要望にもお答えして
50分の時間はあっという間。


後日、感想文を学校から送っていただき
つたない話だったのに、ぎっしりと埋められた感想文に
いろんなことを感じてもらえて、よかったなあとほっとしたのでした。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-10 16:08 | 日記

アトラクション演奏

T新聞のHさんを通じて、Oダケホームさんの懇親会で演奏しました。
T新聞のHさんは、ラッピングのM先生を通じて
10年以上前にお会いして以来、まったくお会いできず、
1年に1回ほど、お仕事の依頼をいただいたりと
お元気かなあ?とぼんやり思った頃に、連絡をいただける
不思議なタイミングの方です。

会場はTNOホテル。
ここの音響さんは、S高校吹奏楽部OGの顔見知りの子がいて
久しぶりの再会。マイクをチェックしてもらって
あとは、おまかせ。


1曲きちんと聞いていただく曲、ロンドンデリーの歌変奏曲。
何度も人前で演奏していますが、本番ならではの難しさがあります。
静寂みなぎる中で、とかく集中。


集中力あってか、久しぶりに会心の演奏でした016.gif
その後、祝宴開始。
お食事のBGMを少し演奏して、無事終了。

T新聞のHさんに感謝の本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-06 14:48 | 日記

アトラクション演奏

カレイドスコープでの演奏です。
カレスコKちゃんにいただいたお話で
T大学の懇親会での演奏を依頼されました。


この日は、3月だけど、雨が降って寒い日でした057.gif
実はこの日の翌日、懇親会のメンバーの方がお誕生日で
しかも還暦。
懇親会だけど、サプライズお誕生日パーティーも
兼ねた懇親会でした。


お誕生日の方は、作曲家・シューマンが大好きとのこと。
シューマンの曲を演奏してほしいというリクエストがありました。
シューマンは、たくさんの作品を残してるけど
ポピュラーなのは、ピアノ曲。

うーん。どうしよう??
K氏に相談したらいいかなあ??と思いましたが
カレスコKちゃんの提案で、子供の情景から「夢(トロイメライ)」と
「異国から」を選曲。

そして、本番は。
ケーキが運ばれてきて、「HAPPY BIRTHDAY」を演奏。
プレゼントがあったりして、再度演奏。


初めて演奏するシューマンに、緊張しすぎて
リピート記号を忘れてしまい、数小節さまようことになり007.gif
Kちゃん、Yちゃん本当にごめんなさい040.gif


他の曲は、そんな大事もなく、無事終了。
新しい曲は、やっぱりドキドキだなあ。
もうちょっと、上手く演奏したかったなあ・・・。


少し悔いが残りましたが、新曲を演奏できた緊張感も、よかったです。
[PR]
by harpdiary | 2011-03-03 23:44 | 日記