O島絵本館夏色コンサートに出演しました。
K島バラの会の皆様のおかげで、ステージが華やかです
d0105922_18584148.jpg





バラの見頃に合わせてコンサートの日程が決まるのですが
このバラ、本当にすごくいい匂い053.gif
ステージは緊張が走るのですが
バラの匂いは、とても癒されます016.gif


ハープソロは、先月の本番でも演奏しているピエルネの即興奇想曲。
今度こそ、いい演奏がしたいという思いで臨みました。
その甲斐あってか、前回2回よりは、いい演奏ができて、ほっ。
3度目の正直ってやつね。


2部のステージは、花をテーマにした曲。
さくらさくら変奏曲を演奏しました。
いつもよりカットして短め。


翌週安定期を迎え、世の中に妊娠を公表しなきゃなあと思っていたのですが
すでに、ポッコリ出たお腹。
「ひょっとしたおめでた??」

ひえー、公表せずともばれてる・・・・。
早くもデブの徴候がはじまっていたのでした。
[PR]
by harpdiary | 2011-05-29 18:57 | 日記

午前中の富山空港で演奏した
「N川学びの森から“音楽”お届け」オープニングコンサートに引き続き
午後は、場所とメンバーが変わって、同じPRの本番でした

d0105922_22114154.jpg


メンバーは
ソプラノI川さん、バリトン・K田くん、ピアノO野さん。
I川さん、O野さんは、石川の方で初共演。
K田君は、私がK高校のトレーナーになった当時、現役高校生。
こんな風に本番を一緒にやるなんて・・・しみじみ。
しかも、あれから10年たってるなんて・・・(きみまろかよ??)
ひえー!!

このバラエティに富んだメンバーとは
ミュージカルナンバーやイタリア歌曲、ディズニーなど、曲目もバラエティ。
本番はなんと4回!
朝も本番やってるし、超ハード。


で、この日は寒かった。
前日30度近くあった気温がぐっと下がり、15度、雨。
しかも、会場のS曲輪フェリオは、屋根はあるけど
風ピューピュー。譜面が飛びそうなので、洗濯バサミで必死に抑えました。

演奏者の私たちですら、寒いからお客さんも寒いよね!
客入りが心配でしたが、d和にお買い物の方が結構足を止めてくれました。


それにしても、共演のメンバー、上手かったなあ038.gif
本番のテンション、ぐっと上がってて
お客さんをひきつけるもんなー、トークもばっちりだし。
歌唱力もあるけど、このパワフルさって歌の強みかも??
歌って、訴える力がスゴイね045.gif


とにかくこの寒さに負けず、朝から続いた本番に
体が持ちこたえたんで、ほっとしました。
(安定期に入る前の妊婦だったので)
[PR]
by harpdiary | 2011-05-22 22:09

金沢在住のピアニストOさんを通じて
「N川学びの森から“音楽”お届け」オープニングコンサートを
お願いされました。



d0105922_15422541.jpg














「学びの森から“音楽”お届け」という事業のPRです。
会場は・・・・なんと


富山空港

ちょっと、びっくりでしたが
めったにない会場での演奏機会なので、楽しみでした♪

本番前日は、30度近くの真夏日。
なのに。
当日は、雨風がひどく、しかも寒い・・・。
この気温差って・・・ひどすぎるー!!!


空港の横にある、関係者入口からハープを搬入。
本番の場所、ロビーの吹き抜けがあるところにセッティング。
簡単に音だしをして、控室へ。
本番までのわずかな時間の合間に、新聞社の取材を受け
担当の記者さんが、実家の近所と判明し、和やかに談笑しました。

開始予定時刻。
なのに、豪雨のおかげで、飛行機到着が遅れ、自動的に本番開始が遅れました。

飛行機到着のアナウンスを聞き、演奏開始。
トークなしで、BGMを淡々と演奏していくような状態でしたが
足を止めてじっと聞いて下さる方、会場の椅子に座って聞いていらっしゃる方
吹き抜けの2階から見下ろして、覗き込むように聞いて下さる方など
たくさんのお客様に聞いていただきました。

この後は、同じPR事業、S曲輪フェリオでの演奏。
慌てて、撤収して向かったのでした。
[PR]
by harpdiary | 2011-05-22 10:41 | 日記

アトラクション演奏

G政書士のMさんから、夕方かかった電話。
「カワムラさん、明日の夕方って空いてますか??」

へ???空いてますけど・・・・。

「去年お願いしたパーティー
(その時の様子はコチラ)ですが、今年もありまして明日の夕方ですが
お願いできないでしょうか?
できれば、グランドプラザでお願いした(その時の様子はコチラ)3人で」


うげげげげ。お話はとてもありがたいけど、カレスコメンバー明日って・・・・。


とりあえず連絡したら、Yちゃんは学校のレッスンをなんとか早めに
切り上げてくれるとのことだけど、ギリギリ。
Kちゃんは、数時間後OKとの連絡があり、引き受けました。


同じ方からの依頼では、なるべく曲がかぶらないようにとか
考えるんだけど、その日は前回の曲を確認するヒマもなく
本番当日の午前中、カレスコメンバーに連絡。


私も、その日ギリギリの入り。
テンパらなように、なんとか冷静を務め、準備。
この日は5月なのに30度近くで本当に暑かった~。


Kちゃん入り。Yちゃん入り。
2人には、スケジュール無理してもらって、本当に申し訳なかったけど感謝。
本番に臨みました。

ウエルカム演奏と乾杯後の祝宴中。
和やかな雰囲気の中、演奏は順調に進み
最後にアンコールのお声もいただいて、1曲演奏して、無事終了。

終了後、I町のG政書士Yさんと懐かしの再会。
お元気でお変わりなかったな。



前日にいただいた飛び込み依頼をなんとか無事に引き受けれてほっ。
ちょっと、しんどかったのですが、お話をいただいてありがたかったなあと思いました。
[PR]
by harpdiary | 2011-05-19 22:21 | 日記

アトラクション演奏

本番1週間前にTDホテルから急遽いただいたお話でした。
かばん店会社のパーティーでのアトラクション演奏でした。


ウエルカム演奏は結構長くて、たくさんの曲を演奏しました。
乾杯後は、お酒も入って、大賑わいの会場。
トーク付きのミニコンサートをするには、くじけそうになりましたが、
前のほうのお客様が熱心に聞いてくださって
なんとか無事に終了。


宴たけなわの頃、楽器撤収のため様子を見たら
カラオケで盛り上がってるお客様。
うん、これが恒例の楽しみなんだねーと微笑ましく思ったのでした。
[PR]
by harpdiary | 2011-05-13 20:14 | 日記

昨年に引き続き、T高校第43回定期演奏会にゲスト出演しました。(昨年の様子はコチラ


お願いされた曲は


P・ウィリアムズ作曲 コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディー
ヘンリー・ウッド作曲     イギリスの海の歌による幻想曲



2曲とも初めての曲、新鮮な気持ち!
ウィリアムズの曲は、変拍子とリピートがいっぱいで
数え間違えると、どこを演奏しているか分からなくなっちゃうので緊張!


イギリスの海の歌による幻想曲は、本来オケの曲なんだけど
今回は学生さんの編曲で、吹奏楽と合唱が加わったものになっていました。


練習中、合唱メンバーの学生さんから「先生」と呼ばれ、振り返ると
うわー。Eちゃん!!
吹奏楽のレッスンの生徒さんで、数か月前にY中学校でお花を渡してくれたEちゃん。
(その時の様子はコチラ
なんと、EちゃんもT高校へ進学して吹奏楽部に入部し
今回は合唱メンバーとしての参加だったのでした。
3年生にF中学校でレッスンしていたMちゃん、
2年生にT音楽院でレッスンしているTちゃん
そして、新入生のEちゃん。
毎年吹奏楽部のハープパートのレッスンって、わずかなのに
各学年に教え子がいるなんて、すごい確率!!
すごい偶然にびっくりしたのでした。


例年通り、入念なリハーサル後、本番。
イギリスの海の歌による幻想曲は、合唱と一緒にすごく目立つ部分があって
ちょっと緊張したけど、大きな問題なく、終わってほっ。

懐かしい生徒さんとの再会もあって、うれしくなったのでした。
[PR]
by harpdiary | 2011-05-05 15:18 | 日記