ピアノコンサート

大学の先輩のT先生から、ピアノコンサートでのゲスト出演をお願いされました。
10年前もお願いされて、2回目です。
ソロの演奏と生徒さんとのデュオ演奏をお願いされましたが、今回も一緒。
生徒さんとのデュオの選曲に悩みましたが、
コンクール入賞者というレベルの高い生徒さんということで
難曲グランデュオを選曲しました。
2、3楽章を2人の生徒さんと演奏します。


ハープ二重奏、ピアノ二重奏でも演奏可で、32連音符の山。
自分で選曲しながら、自分で自分の首を絞める状態、
責任のある演奏をすべく、必死でした。

入念なリハーサルで、指はバテバテ。
本番は、2楽章はうまくいったのですが、3楽章は指の疲れもあってか残念でした。

ピアノとのアンサンブルの難しさを痛感した本番でした。
[PR]
by harpdiary | 2012-12-22 16:27 | 日記

T大学フィルハーモニ―管弦楽団第53回定期演奏会にエキストラ出演しました。

チャイコフスキーの組曲「くるみわり人形」です。
クリスマスの曲だから、この時期にはぴったりしょうね。
数ある組曲の中で、ハープの出番は1曲のみ。
かの有名な「花のワルツ」です。
冒頭に、ソロ、カデンツがあります。

もう何度も演奏していますが、本当に緊張します。
待ちが長すぎて、手も体もこわばり、それに加え緊張もするのでしんどい曲です。
本番の指と心のコントロールが、大変です。

本番は、ミスなく、音楽的にもカデンツが演奏できて
自分でも久しぶりの会心の出来でした。心底ほっとしました。
[PR]
by harpdiary | 2012-12-15 16:07

アトラクション演奏

T波ロイヤルホテルで、ちょっと早いクリスマスのディナーでの演奏をお願いされました。
12月に入ったばかりでしたが、ものすごく寒く
ひょっとしたら、雪がちらつくかも??と思ってたら
行きの359線では、雪がふぶいてきて、スノータイヤにしてよかったーと実感しました。

演奏はBGMで、回数が多くハードでしたが
お客様の楽しそうな様子をみて、楽しい夕食の雰囲気づくりのお手伝いができたかなあと思いました
[PR]
by harpdiary | 2012-12-01 18:01