県民Fれあい公演

県民Fれあい公演での演奏、数年ぶりです。
今回は、フルートSさん、ヴァイオリンAさんに演奏をお願いしました。

ふちゅうにあるMなみ保育所。
ステージは広く、共演のオペラの方々が
ヘンデルとグレーテルのリハーサルで、ステージをセッティングされてました。

入念なリハーサルをして、本番。
楽器の説明が長くなったこともあって、予定の時間をすぎてしまい
申し訳なかったのですが、クリスマスメドレーは
園児さんの歌声も加わり、にぎやかに演奏しました。

出産前の最後の演奏。大きいお腹でよちよち歩きの私。
お願いされた本番をすべて終えれて、ものすごくほっとしました。




この演奏で
[PR]
by harpdiary | 2013-12-20 10:56

アトラクション演奏

TDホテルの営業さんを通じて、TOYOTA新店のオープニングイベントでの演奏をお願いされました。


実家から近いお店。
ピカピカのお店にハープの搬入は少し気を使いました。

前日にセッティング、リハーサル。
当日は、チューニングの為、早くスタンバイでした。


TOYOTAだから、CMでおなじみのSummerを演奏しようと
練習しましたが、前日のリハーサルで
「カローラのCM曲だねえ、うちはカローラを扱ってないんだよ」と却下され
やはり、ひき潮を演奏することに。
おめでたい席で演奏できてよかったです。


巷を騒がせたピンクのクラウン。
富山に数台しかない車も来ていて。記念撮影。
(その時の様子はコチラ
なかなか見れない素敵な車も見れて嬉しかったです
[PR]
by harpdiary | 2013-12-17 10:54

T山大学フィルハーモニー管弦楽団第54回定期演奏会にエキストラ出演しました。
妊娠8か月の私。
T大の練習場は、外の階段を通って行かなければいけなくて
雨や雪が降るとハープを運ぶのが、とても怖いです。
なので、他の方にお願いしたのですが、1か月をきってからドタキャン007.gif
今更、金沢の方に頼むこともできず、お話を聞いたからには責任をとらなきゃ。

曲は

ヴェルディ  運命の力ウィキペディアより
『運命の力』、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラである
今日演奏されるのは殆どが改訂版による。また改訂版で挿入された序曲も
それ自体有名で、単独での演奏機会も多い。


ドビュッシー 小組曲

ウィキペディアより
ドビュッシーの音楽は印象主義音楽と俗に呼ばれている。印象派(ないし印象主義)という表現はもともと、1874年に最初の展覧会を開催した新進画家グループ(モネ、ドガ、セザンヌら)に共通していた表現様式に対する揶揄表現が定着したものであり、音楽における《印象主義》も、若手作曲家の作品への揶揄の意味合いを込めて用いられた表現である。



この2曲。
ドビュッシーは、何回も演奏しているので、いいけど
ヴェルディがね・・・。
通常は2台のハープで演奏されますが、今回は1stのみ。
私がこれを演奏したのは10年前だった気がする。


とにかく出演が決まってからは、ヴェルディに必死。
とにかく速いし、ぺダルが難しいし。
ひたすらメトロノームとお友達状態で、正確なテンポで刻めるように
機械的に練習。しんどかったー。

指揮者は学生さんで、細やかにお気遣いしてもらいました。


師走の道路事情は、よくなくて
練習や本番も時間に間に合うか、ドキドキしましたが、なんとかセーフ。


本番もドキドキしましたが、
なんとか役割を果たせたし、なんといっても体調を崩さず
本番をこなせたのでよかったー。
健康な体に感謝だったのでした。
[PR]
by harpdiary | 2013-12-14 19:11 | 日記