若林公民館


今日は、砺波市若林地区の婦人会主催コンサートに

フルート&ハープで演奏しました。

今日は本当にお天気良くって、ハープ運ぶのも楽だし

運転していても気持ちいい♪


Yちゃんと砺波ジャスコで待ち合わせをして連れて行ってもらいました。

どこかなあ?と思いついていくと、行く先々の電信柱の広告が

「ラ・チューリップ」

これは、もしや!!

妹と何回もランチを食べに行ったのに、混んでいて何回も断られた

因縁の「ラ・チューリップ」

運転している間に、何回も断られたこと思い出して妙にムカついた。

若林公民館は、因縁の「ラ・チューリップ」のすぐ近くでした。


さて、肝心の演奏は・・・。

宮城道雄「春の海」

今日も本番より、リハが良かった-泣。

まだまだ修行が足りないなあ。

MCはYちゃんがほとんどやってくれたので、気楽な分

突然自分にふられると、しどろもどろ。

演奏もMCも修行がたりないなあと反省。


そんな私に、若林地区のお客様からのとても暖かい拍手、

演奏後「よかったよ」と言ってくださり

本当に感謝・感謝です。

特に館長さん、細々お気遣いいただきありがとうございました。

とてもいいキャラで和ませてもらいました♪

明日は、Yちゃん、Mさんとの初本番です!
[PR]
# by harpdiary | 2007-02-25 23:20

今日は異色のアンサンブル

だって、フルート・ヴァイオリン・クラリネット・ハープ!


なんでこんな組み合わせ??

1週間前にきたこの依頼。


クライアントの希望で、4人なら何でもOK!!


ということで、捕まったのが、YちゃんSちゃん、Mさん。

15時~20時までのうち、1時間が4人のアンサンブルで

残りの時間は、15分ずつソロ。

空き時間を利用して、ちゃっかり見学しちゃいましたー。


S-QOL は、魚津市本江にオープンする、クリニック、フィットネスクラブ、スパトリートメントが一体となったフィットネスクラブ。

http://www.sqol.jp/

d0105922_22303960.jpg



すっごいおしゃれなカフェがあったり

プールやジャグジーのお風呂!トリ-トメントルームは

2人貸切のお部屋やVIPルームがあったり。

3Fのジムには、トレーニングマシーンがたっくさん。

なんか芸能人御用達のスポーツクラブみたい。

随所にアロマオイルが焚いてあって、ほんのりいい香り。

自分もちゃっかりお客さん気分でした♪

肝心の演奏は・・・。

18時から19時まで、4人のアンサンブルだったけど

陽が落ちて、暗くなった分

楽譜が見え辛くて・・・。

20曲ほど準備したほとんどを演奏し、時には拍手をいただき

なんとか終えました。

異色の共演、無事終わって満足♪

本番後、私以外のメンバーは砺波で楽しく飲んでたって。

いいなあ。
[PR]
# by harpdiary | 2007-02-22 00:05


午前に横田レディセミナーの本番を終え、午後はサンシップとやまへ。

富山昭和ライオンズクラブ主催、チャリティコンサート

フラメンコ&ハープの調べ

富山県養護学校、リトルトゥリー、

日本網膜色素変性症協会富山支部の皆さんが

お客さんとしてご招待されていました。

私が、会場入りした頃には、すでにフラメンコのステージが

始まっていて、華やかな衣装をまとったダンサーの方がたくさんいました。

ダンサーだけでなく、歌、ギター、の方が神戸からいらっしゃって、

まさに本場のフラメンコ、異国情緒たーっぷりで本当に素敵でした。

今日の会場のサンフォルテは

初めての会場で、休憩中チューニングしながら、響かないなあと実感。

フラメンコの方のこともあってか、舞台袖には音響さんがいて

「ここ、響かないっすよ」

ということで、マイクで音を拾ってもらうことに。

不本意だけど、響かない場所でのマイク設置がいかに大事かは

カミートで経験済み。マイクでミキシングをお願いしました。

朝の本番で、やや指がヘロヘロ、音響さんにかなり助けてもらいました。


今日の演奏中、何度も幸福感がありました。

自分が立つステージに満員のお客さん。

それだけで満足しちゃいけないけど、ステージに立つ以上

聴いてくださる方がいないと、コンサートの意味がないし。

たくさんの人の協力があって、成り立っている今日ステージ。

お客さんから、スタッフの皆さんから、たくさんのエネルギーをもらいました。

今日のステージは感謝で一杯です。
[PR]
# by harpdiary | 2007-02-18 23:39


今日は60分のプログラム。

レディーセミナーは地区の希望者が自由に参加できるらしく

このコンサートは、いつもよりずいぶん申込があって、大盛況とのこと。

いい演奏しなきゃ。

うち、20分がハープソロ、残りがヴァイオリン&ハープの二重奏でした。

ヴァイオリンはNさん。高校の同級生のEちゃんの旦那さんです。

アンサンブルでご一緒して以来、デュオではお初。

Eちゃんが、旦那ちゃんのマネージャーみたいに

現場であれこれ気を回してくれて。心強い味方でした♪

前半、ハープソロは、自分でMCもこなし、

後半はEちゃんの司会でヴァイオリンとのデュオが進んでいきました。

Eちゃんは、幼稚園の先生ということもあってか

お話のテンポがすごくよくて!

途中、手遊び唄もやってくれて、コンサートの合間に和みました。

チャールダーシュは気合でのりきり、他の曲は緊張しつつも

楽しめました。

演奏後、たくさんの方に「よかったよ」と声をかけていただき

ほっ。喜んでもらえて本当によかった。

Eちゃんと終わった後、近況を話しながら、お茶も飲めてHAPPYでした!

午後からもうひとつ本番だっ。
[PR]
# by harpdiary | 2007-02-18 18:00