大島絵本館 夏色コンサート

年に1度の大島絵本館でのコンサートに出演しました。

年に4回、春夏秋冬のロビーのコンサートから
絵本館ホールでの大きなコンサートになって、はや4回目。


今年も去年に引き続き、ハープソロ。


去年のハープソロは、本当に練習不足ですごく悔しい思いをしたので
今年は、めっちゃ気合を入れてさらいました。




フォーレ 即興曲Op86




ハープの名曲、定番中の定番。
コンクールの課題曲、自由曲両方選ばれるし、スタンダードな曲。




過去リサイタルで演奏したときも、あまりいい演奏ができず・・。
遠い昔の事とはいえ、もう1度さらい直すにはいい機会だと思い選曲しました。




毎日練習してるとはいえ、コンクールピースは指の酷使度が違う!!
指も腕も本当にへとへと。



絶対暗譜で引きたいから、脳みそもヘトヘト。




このコンサートは、2部形式。
2部は、フルート・筝・ハープ、語りつきで

「花さき山」



これも、3年前にやったものでしたが・・・。




何年経っても、弾きづらいところは、変わらない・・・・。




これもフォーレ同様、さらい直し。





全くの言い訳になりますが、この時期は吹奏楽のレッスンで
練習時間の確保と体力が厳しい・・・。



へこみにへこみつつ、自分に叱咤激励しながらさらいました。





花さき山の合わせも他の本番でいけなくて、当日になり・・・。




リハなんとか終了。




いよいよ本番。



気合を入れて臨みました!




弾き始めて、約3分。





子供がぐずりはじめ・・・・。


なんとか集中。





子供、ずっとぐずりまくり・・・・。



はやく連れてってくれないかなあ???




集中しようにもあまりの子供の声に、自分の音さえよく聞こえなくなってきた。





もう、あまりの子供の泣き声に、集中力がどんどん落ちていく私。





なんとか終了。



笑っちゃった。こんなにさらっていい演奏しようとしてるのに
子供の泣き声であっという間に、台無し。ははは。





気を取り直して、第2部「花さき山」

語り付きのこの曲は、
オリジナルは、尺八、筝、十七絃、なのですが
尺八をフルート二、十七絃をハープでやっています。


ステージの真ん中に、スクリーンが設置され
ステージ左にフルート、筝、ハープ。
ステージ右に語り。

語りのお姉さんは、ゆかた姿でとっても素敵。


場面に音楽がつけられて、演奏に熱が入ると
語りが聞こえなくなるから要注意。



筝の先生と一緒に出だしを合わせ、開始。




語りが聞こえなくならないように、冷静に演奏しました。




リハでやばかったところも、なんとかうまくいった!



終了。





終了後、高校の同級生Yちゃんがお花を持ってきてくれて・・・。
ひとしきり、懐かしい話をしました。
Yちゃん、ありがとう、またゆっくり話そうね!


ソロでがっかりしつつも、花さき山の本番が楽しめてよかった!
フォーレは、9月、11月にも演奏するので、リベンジしよっと。
[PR]
by harpdiary | 2007-08-04 23:20