2008年 03月 15日 ( 1 )

新潟県のJ交響楽団の第61回定期演奏会に出演しました。
前回の演奏会から続いての出演です。


今回はビゼー:アルルの女第1組曲、第2組曲。


この組曲は単品で演奏する事はあっても、
2曲やることはあまりないです。




そして、この曲は…
フルートとハープといえば、この曲という、
かの有名なソロ・メヌエット。
多分オケの本番で1番数多くこなしてるはず。
ハーピストなら避けて通れない宿命の曲。



数はこなしてるけど、毎回フルートの方が違うので、
毎回違う緊張が走ります。
ソロと言っても、所詮伴奏。
主旋律のフルートが気持ちよく吹けないと、意味ないもん。



前日リハーサルに参加できない為、
2週間前の練習に参加して、
メヌエットソロの部分の雰囲気をつかんできました!



夜本番なので、午後イチのリハーサル。



会場はRプラザ。
ステージが小さめなこの会場はセッティングも結構大変。
スペースを確保してもらい、リハーサルに臨みました。



スポーツ複合施設であるこの会場。
空き時間に面白い自販機を見つけたりしてるうちに、
本番まであっという間。


チューニングに時間をかけて、本番。



第1組曲から順に進んでいきます。
ソロが少しあったり、速いスケールがあったり。
無事に第1組曲終了、
でもこれで終わりじゃない。気を入れ直して第2組曲。


ところどころあるソロをこなし、メヌエット。
指揮者の指示通り、通常アルペジオしないところをアルペジオしたり、
ソロのブレスを確認したり。
熱くなりすぎると冷静を欠いた演奏になるので、
熱くなりすぎないようにしながら、淡々と演奏しました。
Tuttiで少しほっ。
でもスケール絶対こけられない。すごい目立つし。
気を抜かないように一生懸命。
Tuttiの後、
再度フルート&ハープのソロにサクソフォンの副旋律が重なり、
最後にはやっぱりフルートと2人ぼっちになり、無事終了。
ソロの邪魔をせずに終われてほっ。




本番終了後、片付けていたら、


「川村さんお久しぶりです~」

フリーアナウンサーの田村火織さんが!


「久しぶりに帰省したらオケの方からご招待いただいたんです!」


さすが田村さん、顔が広い…
この様子は田村さんのブログ火織のかほり、
ブログChoco―holicにもUPされてます。



何はともあれ、大きな失敗なくソロを終えて
めちゃめちゃほっとしたのでした。


打ち上げ行こうよ~というお誘いを泣く泣く断り帰路へ
だって明日は七尾で本番。
明日の事を考えたら飲んでる場合じゃあない!


明日は七尾。初めてだなあ。たどりつけるかなあ??
ナビ、バカナビだし。体力勝負です。
[PR]
by harpdiary | 2008-03-15 21:50 | 日記